NEXT MOBILITY

MENU

2018年1月16日【アフター市場】

ボッシュ、後付けeCall用デバイス使い福岡市のテレマティクス実証実験に参加

NEXT MOBILITY編集部

 

ボッシュは、加減速やハンドル操作といった運転行動に関するデータを収集するドングルを使って、福岡市がIoT向け通信ネットワークを検証する実証実験に参加する。

ボッシュ・ロゴ

ボッシュが開発したシガーソケットに差し込む後付けeCall用デバイス「テレマティクスeCallプラグ(通称名:ドングル)」には、3軸の加速度センサーと、センサーが検知したデータを計算するアルゴリズムが組み込まれ、ブレーキ、加減速、ハンドル操作といった運転行動データだけでなく、衝突事故の検知が可能。

 

専用のスマートフォンアプリとドングルが通信することで、収集されたデータがアプリ経由でサービスプロバイダーのもとへ送信される。

 

これにより、ドライバーの運転行動情報を収集したり、衝突事故が起きた際に自動でコールセンターへ通報するeCall(自動緊急通報)の提供が可能になるとしている。

 

このボッシュのテレマティクスeCallプラグは、2018年後半には米国でも販売される予定だと云う。

今回の実証実験では、約100名のモニターとなるドライバーを募集し、ドングルを搭載したうえで、最大2ヶ月間運転行動データを収集。

 

収集されたデータを解析することで、運転行動の可視化が可能になり、急ブレーキ多発地帯のハザードマップを作成するなど交通安全の向上に寄与するサービスが実現する可能性について、同社は、期待を寄せている。

 

収集されたデータは、福岡市が策定した第10次福岡市交通安全計画達成に貢献するため、福岡市に提供される。

 

また、この実証実験には、ジャパンシステムとソフトバンクがパートナーとして参加。

 

ボッシュはドングルとデータを解析するソリューションを提供し、ジャパンシステムは収集したデータの可視化を担う。また、ソフトバンクは、今回の実証実験の結果をもとにデータを用いたサービスの開発を検討する。

 

[モニター募集要項]

 

応募フォーム: https://www8.webcas.net/form/pub/japansys/fukuoka

応募資格:運転免許証を所有し、福岡市在住で日頃から運転に協力ができ、且つ、利用可能なスマートフォンiPhone所有の者。尚、提供するアプリは、iOS10.0以上に対応。

募集期限:2018年1月31日(水) ※ 但し、期限内で定員に達した場合、募集を締切る。

募集人員:100名

実施期間:2018年2月10日(土)~4月22日(日)まで

 

福岡市実証実験フルサポート事業HP : http://fukuokafullsupport.com/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。