NEXT MOBILITY

MENU

媒体概要

 

未来を掴む自動車ビジネス誌
NEXT MOBILITY(ネクスト・モビリティー)

 

 『NEXT MOBILITY』は、自動車の産業構造が変貌し新たなモビリティ時代を迎えつつある今日、自動車業界で何らかの事業に携わっている皆様。
また自動車分野に関わる様々な専門領域の第一線でご活躍のステークホルダー層の方々を対象に、有益な自動車に係る情報を発信していくべく創刊した「リアル雑誌」&「Webニュースサイト」のクロスメディア媒体です。

 

 編集製作の体制は、これまで取材記者として半世紀近くに亘って自動車産業・業界の変還を見つめてきた佃義夫が2014年に立ち上げた「佃モビリティ総研」と共に媒体編集部を設置。

 

情報発信にあたっては、自動車に関わる「事業領域」を皮切りに、製品の「開発・設計・生産」から「販売流通」「輸送」「行政」、さらに「部品・用品・整備・エネルギー分野」を含むアフターマーケットに至るまで、自動車ビジネスに関わる広域読者層に向けて浸透力ある情報を鋭意発信致して参ります。

 

———————————————————————————–
【なお媒体責任者による発刊にあたってのご挨拶は以下の通りです】

 

自動車事業者から認知される価値あるメデイアを目指して

 

 当初コンシューマー向け自動車情報サイト「MOTOR CARS(2015年4月カットオーバー)」の編集業務を手掛けていた我々編集スタッフは、日々の取材活動のなかで自動車の産業構造が大きく変貌していく様子を目の当たりして来ました。

 

そして今日、時代が新たなモビリティ社会を迎える端境期にある折、自動車に関わる情報メディア造りに於いても、これまでとは異なる全く新たなビジネス視点で、次世代のクルマ社会のあり方を提言していく媒体が必要だと考えていました。

そこで我々は、紙媒体とWebサイトが日々連動していく新たな自動車ビジネス誌『NEXT MOBILITY』の新雑誌創刊、並びに同名ニュースサイトのカットオーバーに至りました。

 

 なお同媒体のリリースにあたっては、ジェイツ・コンプレックスが発行責任を担い、さらに責任ある取材体制を整えるべく佃モビリティ総研とのジョイントを整え、パートナー体制を構築致しました。今後は同編集体制を背景に説得力ある提言と、価値ある情報発信の掲載に今後より一層努めて参ります。( NEXT MOBILITY編集長 坂上 賢治 )

 

日刊自動車新聞社でのキャリアスタートを皮切りに自動車報道の現場に進出。自動車メーカーからモータースポーツに至る広域の新聞取材業務を経た後、同社・出版局に於いて「東京モーターショーガイド(45万部発行)」などのコンシューマー向け媒体他、国内初の自動車リサイクル業界向け新聞の発行など、様々なジャンルの媒体編集長職を歴任。自動車ビジネス誌「月刊カードック」編集長を最後に同社を退社して以降、永らく手掛けた自動車業界での取材経験を活かし、複数の自動車雑誌・技術誌・ビジネス誌等での執筆活動の後、現在、NEXT MOBILITY編集長。

 

———————————————————————————–
「自動車」から「モビリティ」の時代へ。社会の変革を新たな提言に変えて

 

 日本の自動車産業は半世紀の間続いたモータリゼーションの大変革期を迎え、国際化の荒波に揉まれながらも、地球規模で環境対応・地域対応・安全への課題解決を迫られるなど、数多の宿命を克服しなければならない新時代を迎えています。

 

佃モビリティ総研は、1970年代に於ける日本のモータリゼーションの本格的幕開けから永く、日本自動車産業・クルマ社会をウオッチしてきた代表・佃義夫の経験を踏まえ、業界の今後の方向・日本のクルマ社会の行方・文化のありかた等について見つめ続けてきました。

 

この度、当総研は新媒体『NEXT MOBILITY』を通して、旧来の自動車社会からモビリティ社会へと向かう産業構造の変化を大きな社会の変革の流れとして捉えて深く掘り下げ、独自の情報を発信・提言致して参ります。( NEXT MOBILITY主筆 佃 義夫 )

 

1970年、中央大学卒業後、日刊自動車新聞社入社編集局。 2002年、自動車分野担当を経て取締役出版局長就任。2010年、主箪として編集局長・常務・専務を歴任後、代表取締役社長就任。2014年、顧問職を経て同社退任し、佃モピリティ総研を立ち上げ、同総研代表。

 

———————————————————————————–
【NEXT MOBILITY】

 

2017年12月1日発刊&カットオーバー
本誌連動Webサイト(随時更新)< https://nextmobility.jp/  >
本誌・Web媒体共に発行著作Ⓒ株式会社J2 COMPLEX

 

発行人:高橋 一彰
編集人:坂上 賢治
主筆:佃 義夫(佃モビリティ総研)

 

編集部
有賀 雅之(佃モビリティ総研)/小原 由梨/片山 雅美(佃モビリティ総研)/中島 みなみ(中島南事務所)/野々下 裕子(契約ライター)/平塚 直樹/編集顧問:松下 次男(佃モビリティ総研)/編集顧問:間宮 潔(佃モビリティ総研)/山田 達彦(契約ライター)

 

企画編集部
赤澤 顕保/小田嶋 正憲/加藤 賢二/齊藤 力/新宅 紀子/髙岡 恒夫/松葉 雅一/松浦 弘晃

 

デザイン
坂口 康久/薄井 信夫

 

Webシステム開発・運用
山本 一真/青木 実千男/石井 漢

 

撮影スタッフ
益子 政二/北原 健太/常田 浩由/保科 俊太

 

所属記者クラブ
国土交通省交通運輸記者会

 

発行:株式会社ジェイツ・コンプレックス
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-2 東宝日比谷ビル18F
TEL:03-5501-0020 ( 会社代表 ) FAX:03-3591-1732
編集窓口(TEL:03-5501-3233 FAX:050-3153-7454 平日10時から17時)

 

▼記事・情報内容に関するご質問・ご意見・ご要望に関するフォームでのお問い合わせ
ご質問・ご意見・ご要望・編集部宛のプレスリリース送付先などのお問い合わせはこちら
(※お問い合わせ対応は、平日10~17時 ※土曜・日曜・祝休となります)

 

———————————————————————————–

 

NEXT MOBILITY 2019年4月1日発行・最新号( Vol.9 )
【 目 次 】

P04
MOBILITY INSIGHT
カリスマ経営者の流儀。権力や保身を捨てて理念を示せ
– 佃 義夫/NEXT MOBILITY主筆 –

 

P05
2020東京五輪の大問題 渋滞回避へ首都高「値上げ」案
– 福田 俊之/経済ジャーナリスト –

 

P06
富岡製糸場と自動車メーカーを結ぶ糸
– 熊澤 啓三/アーサメジャープロ代表取締役 –

 

P07
景気回復基調が続く日米経済、くすぶる世界の自動車市場
– 松下 次男/佃モビリティ総研・編集委員 –

 

P08
Leader’s vice
小関 眞一
日本自動車販売協会連合会 会長

2019年の新車市場、前年を上回る530万台を見込む
– 聞き手:間宮 潔 –

 

P14
聞き手の視点
乗用車ディーラービジョンから読む未来予測

 

P17
Topics in the industry
NM NEWS CHECK
最新ニュースから辿る次なるNEXT

 

P26
トヨタが3月からサブスクリプションサービス「KINTO ONE」を開始
– 間宮 潔/佃モビリティ総研 –

 

P27
三菱ふそうが安全装備拡充の新型大型観光バスを投入
– 間宮 潔/佃モビリティ総研 –

 

P28
ルノー・日産・三菱連合、ポスト・ゴーン体制へ急ピッチ
– 松下 次男/佃モビリティ総研 –

 

P30
ゴーン被告、初めて広中弁護士事務所を訪問
– 間宮 潔/佃モビリティ総研 –

 

P31
連合3社の攻防劇、三菱自はキャスティングボードを握れるか
– 坂上 源治 –

 

P32
特集:自動車革命の旗手たち
  – 坂上 賢治/NEXT MOBILITY編集長 –

 >EVシフトが石油の世界需要をピークアウトさせていく

 >過酷さも垣間見えるEV戦略。日の丸企業の未来を占う

 >高性能バッテリー搭載の日産リーフe+、世界的なEVシフトに照準

  – 松下 次男/佃モビリティ総研 –

 >EVを巡る企業間競争は国家間の支配権獲得の構造へ

 

P44
次世代テクノロジー「群盲評象」
暗号通貨のための技術から台帳革命へ
– 山田 達彦 –

 

P46
際エレクトロニクスイベント「CES」を検証する
– 野々下 裕子/ITライター –

P50
自動車産業、サイバーセキュリティ分野で世界から後塵
– 松下 次男/佃モビリティ総研 –

P54
注目される電動バス、CO2削減で電動化は避けて通れず
– 間宮 潔/佃モビリティ総研 –

P58
東名高速の経済波及効果が開通50年間で60兆円に
– 片山 雅美/佃モビリティ総研 –

P60
行政Watch
奥田哲也・自動車局長会見
東京都、自動運転シンポジウムを開催ほか
– 間宮 潔/佃モビリティ総研 –

P56
自動車メーカーの19年3月期連結決算見通し
– 松下 次男/佃モビリティ総研 –

 

P68
NEXT ONE
ディスコ
車載パワーデバイスの需要増や進化に独自の製造技術で挑む

 

P72
WORLD TREND
次世代自動車産業を巡る世界の動きを追う

 

P75
EDITOR’S TALK

 

ご購読案内など当媒体「NEXT MOBILITY」のさらなる詳細は以下へ
< https://nextmobility.jp/lp/ >

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

onda