NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月3日【アフター市場】

GMO、自動車事業向けアプリの制作サービス開始

NEXT MOBILITY編集部

 GMOインターネット傘下のGMOクラウド株式会社の連結会社、GMOデジタルラボ株式会社(代表取締役社長:山田 裕一 )と株式会社インターゾーン(代表取締役社長:鏡山 健二 以下)は12月3日、自動車業界特化型のアプリ制作サービス「gNOTE+(ジーノートプラス)」の提供を開始した。

 

 

 

 昨今では、自動車そのものの耐久性向上などにより、自動車の買い替えサイクルが長期化傾向にあるほか、レンタカーやカーシェアリングの普及を背景に、自家用車を持たない選択をする消費者もいることから、自動車業界では新規顧客の獲得以前に、限られた既存顧客を店舗へ迎え入れる施策が求められている。

 

そのためには車検やオイル交換などの適切なタイミングで接点を持つことが重要となることからGMOデジタルラボとインターゾーンは、顧客管理システムの利用に加え、情報発信ができる店舗アプリに着目した。

 

 

そこでGMOデジタルラボとインターゾーンは、車検受注・入庫管理システムと連携した店舗アプリを制作できるサービス「gNOTE+」を共同開発した。

 

 

 自動車販売店や整備工場、ガソリンスタンドなどの自動車関連サービスを展開する店舗が両社の開発した「gNOTE+」を活用することで、車検受注・入庫管理システムと連携したスマホアプリを制作できる。これにより顧客の車検満了日や定期点検整備記録などの情報を活用し、車検満了前通知やクーポンを自動配信する等、オリジナルアプリを通じた店舗への送客・集客施策が行えるとしている。

 

両社は「gNOTE+」の提供を通じて、自動車業界の活性化とカーオーナーのベネフィット向上に貢献してまいりますと結んでいる。

 

<サービス概要>
名称:gNOTE+
主な機能:
・プッシュ通知 ・ニュース配信
・車検、洗車など、各整備予約 ・クーポン発行
・マイカーデータ表示 ・来店スタンプ機能
・オリジナル会員証

 

利用料金:月額1万円(金額は税抜)~

 

提供会社 :株式会社インターゾーン
サービスサイト:https://www.inter-zone.jp/service/gnote-plus/ 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。