NEXT MOBILITY

MENU

2018年9月7日【アフター市場】

トヨタ自動車、ニュルで鍛えたスポーツエンジンオイルを発売

NEXT MOBILITY編集部

 

トヨタ自動車は、新エンジンオイル「トヨタ純正 GRモーターオイル」を開発し、9月7日から全国のトヨタ販売店や自動車用品店などを通じて発売した。

 

メーカー希望小売価格(消費税抜き)は、「Circuit(0W-20)」が12,000円(4L缶)、「Touring(0W-30)」が8,000円(4L缶)となる。

トヨタ自動車・ロゴ

今回発売したエンジンオイルは、TOYOTA GAZOO Racingがドイツ・ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参画を通じて培ったレース用オイルの材料技術をベースに、市販車用の高レスポンススポーツオイルとして開発された。

 

ラインアップとして、サーキットや街乗り・ワインディング向けの「Circuit(0W-20)」と、ストリート走行を重視した「Touring(0W-30)」の2種類を販売。

 

最新の高性能ベースオイルに、高性能ポリマー(*1)、モリブデン化合物を含む摩擦低減剤の添加などにより、レスポンス向上と耐久性の高さを両立したと云う。

また、一般用途として現在販売しているトヨタ純正モーターオイル(SN 0W-20)との比較では、「Circuit(0W-20)」の加速タイムで0.24sec向上(*2)、「Touring(0W-30)」ではエンジン回転がより滑らかになることによる室内ノイズ低減(約3dB低減/*3)を確認。

 

今回の開発にあたりトヨタは、耐久性の確認として約200時間にわたる高回転での連続高負荷運転によるエンジン耐久試験を実施。安心して利用できるよう、車両に最適な性能検証と信頼性確保に努めたとしている。

 

*1:従来のオイルと比較すると撹拌抵抗が少ない高分子添加剤
*2:86 GR SPORT(6AT)による0~100km/h全開加速データ(GPS速度計による測定)。2018年9月現在。社内測定値
*3:Vitz GR(CVT)2000回転無負荷運転時の騒音データ。2018年9月現在。社内測定値

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。