NEXT MOBILITY

MENU

2019年6月17日【アフター市場】

ヤチヨ、ホンダS660用カーボンルーフを発売

NEXT MOBILITY編集部

八千代工業・ロゴ

八千代工業(ヤチヨ)は、軽さと美しさを追求したフルドライカーボン製のホンダS660用ルーフのを6月27日(木)に発売し、専用販売サイトで注文を受け付ける。価格は、29万8,000円(税別)。

 

 

 

 

「CFRP ROOF」は、2014年7月に製造を開始した陸上競技用車いすに続くCFRP(※2)製品で、カーボン材料に三菱ケミカルのプリプレグを採用し、PCM工法(Prepreg Compression Molding / ※1)を用いて生産。企画開発や試験解析、生産技術の確立に至る全てを自社内で完結した。

 

ヤチヨでは、今回の経験により、カーボン技術をさらに進化させCFRP製品の量産に向けた基礎固めができたとし、今後も量産製品の拡大を目指し、電動化や環境対応など、技術革新が進む自動車業界において、軽量化に貢献するものづくりを進めていくとしている。

 

 

 

 

[製品特長]

 

・大幅な軽量化:純正ロールトップに比べ22%軽量化の重量5.9kgを実現。S660の低重心化に寄与する。

 

・高い剛性:カーボン材料の特性を活かしたインナーフレーム構造により、高い剛性を実現した。

 

・室内空間を広く:ヤチヨ独自のコンパクトなロック機構と断面効率のよいインナーフレーム構造により、室内空間を広げる。

 

・素材の美しさを際立たせるクリア塗装:外装面に光沢クリア塗装(3コート3ベーク)を施し、素材そのものの美しさを引き出すことにこだわった。また室内側にはマットクリア塗装を施すことで、上質さを演出している。

 

 

 

 

※1)Prepreg Compression Molding工法:プレス機の圧縮により、プリプレグと呼ばれる樹脂を含侵させたシート状の炭素繊維中間基材を加熱硬化させて、成形する製造方法。

※2:Carbon Fiber Reinforced Plastics:「炭素繊維強化プラスチック」母材の樹脂を炭素繊維で強化する複合材料。CFRP ROOFでは、このドライカーボンをルーフ本体に全面採用している。

 

 

[主要諸元・価格]

 

<主要諸元>

 

– 素材:ルーフ本体:ドライカーボン
– 重量:5.9 ㎏
– 塗装

外装面:ツヤありウレタンクリア塗装(3コート3ベーク)
室内面:ツヤ消しウレタンクリア塗装

 

<価格>

 

298,000円(税・送料別)

 

<予約受け付け>

 

2019年6月 27 日(木)12:00 から下記サイトにて予約を受け付ける。

 

<商品紹介・注文サイト>

 

https://ssl.yachiyo-ind.jp/customparts/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。