NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月7日【エレクトロニクス器機】

アウディAG,CES2019でVR車載エンタテイメント発表

NEXT MOBILITY編集部

 

 

独・アウディAGは、エレクトロニクス関連の国際的見本市「CES 2019」(米国ネバダ州ラスベガス市・現地時間2019 年1 月8 日〜1 月11 日)にて、VRゴーグルを装着した後部座席の乗員が、車の動きに合わせた臨場感あふれる映像を体験できる新しい車載エンタテイメントを展示するとことを、現地1月7日に発表した。

 

これは、同社が開発したVRコンテンツとクルマの動きをリアルタイムで同期させるテクノロジーを駆使したもの。

 

後部座席の乗客がVRゴーグルを使用することで、映画やビデオゲーム等のインタラクティブなコンテンツを、より臨場感溢れる映像として体験できるプラットフォームだ。

 

これにより、例えば車が右折するのに合わせ、宇宙空間を飛行する巨大なスペースシップの映像も同様の動きをする等のリアルな映像体験が楽しめる。

 

 

 

同社ブースでは、CES2019の期間中、ディズニーインタラクティブと共同制作した映像を実演。

 

Audi e-tron

 

同社新型EVであるe-tronの後部座席に座りVRゴーグルをかけると、2019年春に公開予定のマーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場するスペースシップと一緒に、宇宙の小惑星帯の中をドライブ。

 

車が急カーブを曲がると、乗客は、バーチャルリアリティの中でスペースシップの反対側へと回り込んだり、車が加速するとスペースシップも加速する等、車両のあらゆる動きに応じた、リアルタイムでバーチャルな映像が楽しめる設定だ。

 

 

将来的に、同社ではこのようなVRプラットフォームを商品化する考えだ。

そのため、子会社のAudi Electronics Venture GmbHを介して、ベンチャー企業のホロライド社(holoride GmbH)を共同設立している。

 

このホロライド社は、将来的に、すべての自動車メーカーやコンテンツ デベロッパーが新しいVRコンテンツを作成し提供できるようにするため、オープンプラットフォームを使用して開発を進める予定。

 

同社では、今後3年以内の市場投入を目指している。

 

 

 

【参考動画】

Virtual Reality Entertainment: Audi excites at 2019 CES/Audi Japan PR(アウディジャパン広報)チャンネルより

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。