NEXT MOBILITY

MENU

2019年3月11日【テクノロジー】

自動車技術会、学生による安全技術コンペ開催

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

公益社団法人自動車技術会は、3月11日、各大学・大学院の学生チームらが考案した自動車の安全技術アイデアを競う大会「2019年学生安全技術デザインコンペティション」日本大会決勝を開催。全国から選抜された4チームの中から、日本大学工学部バイオメカニクス研究室が最優秀賞を獲得した。

 

東京都内にある自動車技術会の本部にて開催された当大会は、各国政府の道路交通政策担当者・自動車メーカー、大学などが集う自動車の安全技術に関する「ESV国際会議」のプログラムの1つとして2005年より開催されている学生参加のイベント。

 

各大学・大学院の学生チームが、独自に考案した安全問題解決のための技術アイデアを発表し、その斬新さや発展性、実用性などを競う大会で、自動車や部品製造などの各メーカーや自動車技術会の代表者などが審査を行う。

 

 

2年に一度、世界各地域の予選を勝ち抜いた代表校が集まり国際大会も開催。2019年度はちょうど国際大会の開催年にあたり、今回優勝した日本大学チームは、6月10日から13日までオランダのアイントホーフェンで開催される国際大会に出場することになる。

 

 

日本大学チームが、今回出したテーマは「自動車乗員の腰椎・腹部障害の評価を可能とする新型ダミーの開発」。これは、交通事故によって重傷に至る外傷の中でも、特に腰椎と腹部の損傷に焦点を当てたものだ。

 

 

同チームが所属する工学部バイオメカニクス研究室が大学院と共同で実施した約400件に登る交通事故実態調査によると、腰椎・腹部の損傷が特に重傷外傷につながる結果が出ている。特に、脊椎損害につながる腰椎の損傷は、神経麻痺や歩行障害などの後遺症を残す可能性がある。

 

 

また、警察庁交通局が平成29年に出した交通事故関連の統計によると、重傷者数自体は減少傾向ながら、腹部損傷による重傷者数の減少率が最も低い。

 

 

しかしながら、現状の衝突実験用ダミーでは、腰椎・腹部の傷害を十分に評価できているといえないため、今回これら傷害に対応したダミーを製作したという。

 

 

同チームが製作したダミーは、既存ダミーの腰部を改良、フレキシブルアームに椎体を模した円筒形の金属をセットし、椎間板にはゴムを使用。傷害発生率が高い第一腰椎に当たる部分の前方・中央・後方に荷重計を設置したもの。これにより、椎体前方が圧縮され骨折する圧迫骨折と、椎体全体が均一に圧縮され骨折する破壊骨折の両方に関する評価を行うことを可能としている。

 

 

腹部ダミーは、バイク用ゴムチューブを下腹部状に成形し、ダミーの下腹部位置に設置。ダミー内部に圧力計を設け、衝突により荷重がかかった際の内圧を計測することで腹部損傷に至る圧力をかけることで事故の評価を行う。また、腹部損傷に至る圧力については、例えば小腸の場合は人の代替物である豚供試体の小腸の破断試験により内圧を約40kPaに設定している。

 

 

 

なお、当日参加した他チームの主な発表内容は以下の通り。

 

東京都市大学Team M Lab.のテーマは「自動運転を想定した姿勢時の前面衝突用ダミーの開発及び損害低減手法の考案」。

 

 

これは、将来普及が期待されるレベル4以上の自動運転において、運転者がシートを寝かせリクライニング状態で乗車することを想定。その状態で車両前面が衝突した際の人体への影響を評価するダミーと、損害低減のために衝突時に稼働する大腿部と肩部の拘束装置を製作したものだ。

 

 

東京大学チームSのテーマは、「むち打ち被害低減を目的とした可動式シート」。これは、車両の衝突時にシートが適度にスライドすることで、乗員のむち打ち被害を低減するというアイデア。

 

 

通常はロック機構により固定されたシートが、エアバックなどに利用されている衝撃検知センサもしくはフォトトランジスタの情報を車載マイコンが検知しロックを解除しシートがスライド、乗員がむち打ちにつながる衝撃を軽減するというものだ。

 

 

広島市立大学大学院 情報科学研究科によるチームHIROSHIMA MOMIJIは、「空気ばねを用いたアクティブ傾斜制御によるゆりかご安全シートの実現」がテーマ。

 

 

 

これは、自動運転車両における主に快適性を向上させるため、急ブレーキ時にはシート前方に傾斜、右左折時にはシートが左右に傾斜する仕組みを考案。シートの台座に4本の空気ばねを設置し、それを車両状況に応じてコンプレッサとスピードコントローラでシートを傾斜させるという新型シートを提案した。

 

 

ちなみに、今回上記3チームは最優秀賞こそ逃したものの、それぞれ優秀賞を授与されている。

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。