NEXT MOBILITY

MENU

2018年3月9日【エレクトロニクス器機】

デンソー、ルネサス株式の保有比率を0.5%から5%に引上げ

NEXT MOBILITY編集部

 

デンソーは、自動運転システムを始めとして、高度化、複雑化、大規模化する車両向け各種システムの開発を加速するため、そのキーデバイスである半導体の最先端技術を保有するルネサス エレクトロニクス株式の保有比率を引き上げることを決定した。

 

今回の保有比率引き上げにより、デンソーのルネサス エレクトロニクス社株式の保有比率は、0.5%から、5%になる。

デンソー・ロゴ

近年、車両制御が複雑化により、車載用マイコンの高機能化、設計・製造が高難度化が進展。

 

今後、自動運転や電動化、IoT、コネクティッドなどの進展により、通信技術やAI関連技術との融合等、多様化、高度化するシステムに用いられる新たな半導体の開発の加速が求められると、デンソーでは考えている。

 

ルネサス エレクトロニクスは、車載用マイコンにおけるトップサプライヤーとして、複雑・高度な技術をオープンなプラットフォームとして提供するRenesas Autonomy(*)を構築、今後も、自動運転社会に貢献するクラウドサービスからセンシング、車両制御までのトータルソリューションの提供を成長の基本戦略に据えている。

 

 

同社は、自動運転等の新たな領域における車両制御システム開発において、これまでの長年にわたる車載領域の知見を活かし、競争力あるシステム開発を進めていくため、豊富な経験・知見を持つ半導体メーカーとの一層の協業関係の強化が必要と判断、今回の保有比率引き上げに至ったとしている。

 

今後、デンソーは競争力ある車載用システムの実現に向けて、ルネサス エレクトロニクス社との共同開発を継続するとともに、技術開発を加速していくとしている。

Renesas autonomy:

https://www.renesas.com/ja-jp/solutions/automotive/adas.html

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。