NEXT MOBILITY

MENU

2019年7月8日【エレクトロニクス器機】

NEDOら3者、5G基地局内蔵目的の超小型受信チップ開発

NEXT MOBILITY編集部

 

40Gbpsの光信号対応の超小型の4波長多重光受信チップで5G基地局を小型化

 

 NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)とPETRA(技術研究組合光電子融合基盤技術研究所)とOKI(沖電気工業株式会社)は7月8日、光通信ネットワークに用いる光トランシーバー向け世界最小のTWDM-PON用光受信チップを開発した。

 

 

次世代の通信ネットワークに用いられるミリ波は元来、既存の4G電波に比べ減衰し易く物陰の背後等に回り込み難い。回り込み難いと通信性能が悪化するため、これをカバーするべくスモールセルと呼ばれるコンパクトな基地局を設ける必要があり、その実現を達成させるためには旧4Gネットワークとの比較で約100倍のチップ密度が求められる。

 

そこでNEDOとPETRAとOKIは、シリコン利用による光素子技術を推し進め、5mm角以下の超小型化チップの製造を実現した。この超小型チップの4波長をさらに多重化して1波長あたり10Gbpsに。トータル40Gbpsの通信を可能にしたTWDM-PON用の光受信チップを今回開発した。

 

 

 これにより小さなスモールセル基地局であっても、4波長多重で合計40Gbpsの光信号を安定して受信できるようにした。結果、光受信モジュールの体積を従来比1/100以下に縮小させた。

 

さらに今後は、この光受信チップを高感度化して光送信機能も集積。5Gのスモールセル基地局装置に内蔵できる超小型かつ超低消費電力性能を持つ光トランシーバー開発にも取り組む。また併せて、今回開発した波長多重光受信チップが超小型であるという特長を活かし、光学分析などの微小センサーへの技術応用も行っていく方針を立てている。

 

ちなみにこのチップを5Gの通信ネットワーク上に採用できれば、スモールセル基地局装置内蔵の超小型光トランシーバーとして搭載でき、さらに波長1mm~10mmの電波周波数で30~300GHzに相当するミリ波基準も満たせる可能性も見えている。仮に実現すれば超高速・同時多数接続・低遅延の新たな通信サービスが実現する。

 

なおこれらの成果は、福岡での光通信国際学会「OECC2019」で、PETRAとOKIにより発表される予定となっている。*OECCは「OptoElectronics and Communications Conference」の略。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。