NEXT MOBILITY

MENU

2017年11月27日【テクノロジー】

ジェイテクト、既存コア技術で高耐熱・低温性両立のリチウムイオンキャパシタ開発

NEXT MOBILITY編集部

 

ジェイテクトが、既存事業のコア技術を活かして、蓄電デバイスの1種である高耐熱・低温性両立のリチウムイオンキャパシタを開発。量産化については、2019年をめどに進めている。

 

キャパシタは、物理的に電力を充放電する蓄電池で、蓄電容量が限られている代わりに、一度に高いエネルギーを放出する瞬発力が特徴だが、リチウムイオン二次電池同様に、耐熱性に課題があった。

 

車両に搭載するために要求される環境温度は、エンジンルーム内であれば-40℃から125℃、車室内であれば-40℃から85℃となる。 この条件に対し、ジェイテクト製・リチウムイオンキャパシタでは独自技術を用い、-40℃から85℃、従来製品では届かなかった車室内での使用要求への適合が可能となった。 さらに、出力する上限電圧を制限することで、105℃まで高温環境で使用可能となると云う。

ジェイテクト・ロゴ

取り巻く環境の変化と新規事業推進の狙い

 

少子高齢化・環境・エネルギー問題といった将来の社会課題、自動運転・人工知能・3Dプリンタなどのイノベーション、リーンスタートアップ・オープンイノベーションといった技術開発競争の激化など、ジェイテクトでは、業界を取り巻く環境の大な変化を感じていると云う。

 

同社は、この社会動向・環境変化を睨んで、持続的成長の柱となる新領域の事業の立上げを推進。新規事業の技術は既存事業の技術を活かし、その新技術を既存事業にも活用するといった相乗効果を生み出していき、「No.1&Only One」の技術で社会に貢献していきたいという考えだ。

 

具体的には、2017年9月にBR蓄電デバイス事業室を組織し、持続的成長の柱となる新領域の1つとして、蓄電デバイスの1種である「リチウムイオンキャパシタ」の開発を進めてきた。この量産開始を2019年には始めたいとしている。

 

 

リチウムイオンキャパシタ開発の狙い

 

燃費規制の拡大、高度運転支援・自動運転の普及・拡大を受け、省エネ・自動運転化に大きく貢献する電動パワーステアリング(EPS)の適用範囲の拡大が求められている。しかし、大型車両へのEPS搭載には12Vの車両電源では出力が不足している。キャパシタと充放電コントローラーによって、これら出力が不足している従前のEPSに電圧を付加、つまり、車両電源の12Vに対しキャパシタからの6Vの電圧を加えることで、18Vの高出力化を実現し、EPSの適用範囲の拡大が可能になる。

 

 

今後の展開

「No.1&Only One」の技術として開発をすすめ、2019年の量産を目指し推進。

・既存事業の製品に搭載しての拡販を進めると共に、製品単独での販売を計画。
・キャパシタ単体販売、バランス回路を組み合わせたモジュール販売、充放電コントローラーも組み合わせたシステム販売も行う予定。
・自動車業界のみならず、工作機械、建設機械、鉄道、発電装置、交通インフラなど様々な領域での拡販をすすめる。その用途も補助電源、予備電源、発電装置の機能安定化、電源回生、さらにはメイン電源とユーザーのニーズに沿った様々な形で貢献することを目指す。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。