NEXT MOBILITY

MENU

2018年9月18日【経済・社会】

ジェイテクト、モロッコに電動パワーステアリング工場を新設

NEXT MOBILITY編集部

 

ジェイテクトは、9月17日、モロッコで初めてとなる生産拠点「JTEKT AUTOMOTIVE Morocco(JAMO)」および、同社グループ会社の富士機工のモロッコ生産拠点「Fuji Autotech Morocco(FAMO)」の工場建設に向け、鍬入れ式を実施した。

ジェイテクト・ロゴ

ジェイテクトは、欧州自動車メーカーの生産拡大が広がるモロッコで、自動車メーカーのニーズを的確につかみ、製品の供給を行うため、JAMOを2017年9月に設立。

 

JAMOを、モロッコをはじめとした北アフリカ市場の中心とした新たな供給戦略拠点と位置づけ、電動パワーステアリング(EPS)の生産工場を新設する。

 

新設する工場では、2020年に量産を開始、年間23万台のEPS生産を目指すとしている。

 

9月17日に工場建設予定地で行われた鍬入れ式には、駐モロッコ特命全権大使の花谷卓治 氏、産業・投資・貿易・デジタル経済大臣のMoulay Hafid ELALAMY氏、プロヴァンス州知事のAbdelkhalak MARZOUKI氏を招待。ジェイテクトグループからはジェイテクト取締役社長の安形 哲夫氏、JTEKT EUROPE CEOの伊井 浩氏、同COO Francis FORTIN氏、富士機工 取締役社長の村瀬 昇也氏が出席した。

 

ジェイテクトは、EPSのナンバー・ワン&オンリー・ワンサプライヤーとして、製品技術を高めると共に、グローバル生産対応力を強化するとしている。

 

[JAMO概要 ]

 

– 会社名:JTEKT AUTOMOTIVE MOROCCO S.A.S. (JAMO)
– 所在地:モロッコ王国 タンジェ州 タンジェ オートモーティブ シティ内
– 設立:2017年9月
– 量産開始日:2020年9月
– 生産能力:約23万台/年 (2020年時点)
– 事業内容:電動パワーステアリングの製造・販売
– 敷地面積:約65,000m²
– 建屋面積:約11,000m²

 

[FAMO概要 ]

 

– 会社名:FUJI AUTOTECH MOROCCO S.A.S. (FAMO)
– 設立:2018年9月
– 量産開始日:2019年7月
– 生産能力:約70万台/年 (2020年予定)
– 事業内容:自動車用ステアリングコラムの製造・販売
– その他:生産予定スペース 約2,250㎡(JAMO殿敷地内)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。