NEXT MOBILITY

MENU

2018年2月8日【エレクトロニクス器機】

三菱電機、自動車向け「安心・安全ライティング」を進化

NEXT MOBILITY編集部

 

三菱電機は、光で車の動きを事前に周囲の歩行者や車両に伝えて事故を未然に防ぐ「安心・安全ライティング」を進化。

 

実用化に向けて新たに、「アニメーションを利用して悪天候時でも判別しやすい表示」「ドア開け・後退時に車外センサーと連動してより注意を喚起する表示」「表示図形の見え方を検証できる設計ツール」を開発した。

三菱電機・ロゴ

三菱電機では、安心・安全で快適な車社会のため、今後、周囲の歩行者や車両とのコミュニケーションを促進する分野の需要が高まると考えていると云う。

 

自動運転の実現に向けた課題として、車の挙動が歩行者や他の車両には分かりにくいため、車とその周囲とのコミュニケーション技術の向上が求められていること。

 

現状の課題として、歩行者の交通死亡事故の約6割が、18時から6時までの夜間の時間帯に発生しており(交通事故総合分析センター 平成28年版統計データ)、ライトを使った安全性向上が求められていること。

 

これらニーズに応えるため、同社は、光で車の動きを事前に周囲の歩行者や車両に伝え、事故を未然に防ぐ「安心・安全ライティング」を開発したとしている。

 

2017 年10月10日発表の自動車向け「安心・安全ライティング」技術

– 2017 年10月10日発表の自動車向け「安心・安全ライティング」技術 –

 

その一例として、昨年の10月、「後退をお知らせする表示」「ドアを開けることをお知らせする表示」を発表。

 

今回、実用化に向けて新たに、「アニメーションを利用して悪天候時でも判別しやすい表示」「ドア開け・後退時に車外センサーと連動してより注意を喚起する表示」「表示図形の見え方を検証できる設計ツール」の開発に至った。

 

アニメーション表示(左:夜間・路面への表示例、右:積雪した路面への表示例)

– アニメーション表示(左:夜間・路面への表示例、右:積雪した路面への表示例)-

ドア開け時のセンサー連動表示(車外センサー領域進入時に点滅)

– ドア開け時のセンサー連動表示(車外センサー領域進入時に点滅)-

 

三菱電機は、「安心・安全ライティング」の今後の展開について、実用化に向けた研究開発を継続し、2020年度以降の事業化を目指すとしている。

 

[開発の特長]

 

1.アニメーション利用や車外センサーとを連動させて、より分かりやすい表示

 

<アニメーションを利用して悪天候時でも判別しやすい表示>

・大きな図形のアニメーションで、悪天候時でも歩行者などが判別しやすい表示を実現

 

<ドア開け・後退時に車外センサーと連動してより注意を喚起する表示>
・車外センサーの検知領域に入った歩行者に路面の表示図形を点滅させて注意を喚起
・同時に運転席のドアノブ近くのライトを点滅させ、運転者の注意も喚起

 

2.三次元グラフィックスを用いた設計検証ツールにより、デザイン品質を向上

 

<表示図形の見え方を検証できる設計ツール>
・実車搭載前に路面に表示する図形の様々な角度からの見え方を検証
・車の状態や表示するアニメーションのパラメータなどを変更でき、状況に応じたデザインを実現

 

表示図形の見え方を検証できる設計ツール

– 表示図形の見え方を検証できる設計ツール –

 

[問い合わせ先]

三菱電機株式会社 デザイン研究所:
http://www.MitsubishiElectric.co.jp/corporate/randd/inquiry/index_id.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。