NEXT MOBILITY

MENU

2018年8月9日【部品・生産】

ジェイテクト、セラミック軸受に高耐食性の新製品を追加

NEXT MOBILITY編集部

 

ジェイテクトは、特殊環境用EXSEV軸受シリーズに、セラミック軸受のラインアップを追加した。

ジェイテクト・ロゴ

ジェイテクトではこれまで、耐食性が求められる環境用に、主に窒化けい素製のセラミック軸受を提供。今回、特に腐食性の高い薬液中などでの使用を想定した高耐食のセラミック軸受シリーズとして、アルカリ環境に強いジルコニア、酸環境に強い炭化けい素を追加した。

 

同社は、これまでよりも幅広い腐食環境に適応したことで、半導体、高機能フィルムおよび食品製造分野などの設備の長寿命化やメンテナンスコスト低減など、生産性向上に貢献するとしている。

 

[各材料の特長]

 

材料、特長>

軸受鋼(SUJ2)、一般的な軸受の材料。耐食性に乏しい
ステンレス鋼(SUS440C)、軸受鋼よりも耐食性に優れる
窒化けい素(Si3N4)、軸受用セラミックスのスタンダードで、SUS440Cよりアルカリ環境での耐食性と耐荷重性に優れる
ジルコニア(ZrO2)、特にアルカリ環境での耐食性に優れる
炭化けい素(SiC)、特に酸環境での耐食性に優れる

 

 

[ジェイテクトセラミック軸受シリーズの概要]

 

セラミック軸受がない時代には、海洋設備の建造や、医薬品の研究、食品の製造など、液中作業を必要とする多くの業界では、ステンレス製軸受を内蔵した装置を水中で使用。

 

軸受用のステンレス鋼は、ころがり寿命重視のため高硬度化、しかしそれに背反し、耐食性が十分ではなく、使用にあたっては、高頻度のメンテナンスと取り替えコストが発生していたため、強度が高く、さび付かない耐食用軸受の商品化が待たれていた。

 

ジェイテクトでは、転動体にエンジニアリングセラミックスを採用、試行錯誤の後、高強度・耐食性・高温その他さまざまな特性を持つセラミック軸受を世界で初めて完成。

 

現在、水中用途だけでなく、強度や高速性能の高さ、油を使わない、ゴミが少ないなどの特性から、工作機械の主軸や半導体製造装置などに採用されている。

 

[製品仕様]

 

販売目標:2020年売上 10億円

販売先:半導体、高機能フィルムおよび食品製造装置メーカー 等

製造工場:徳島工場、国分工場

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。