NEXT MOBILITY

MENU

2018年6月18日【自動車素材】

日産自動車、高成形性980MPa級超ハイテン材活用拡大へ

NEXT MOBILITY編集部

 

日産自動車は、新日鐵住金と共同開発した、世界初となる高成形性980MPa級超ハイテン材(冷間プレス用超高張力鋼板)の採用を拡大する。

 

日産自動車・ロゴ

 

高成形性980MPa超ハイテン材は、自動車用鋼板として多く使用されている従来の590MPaハイテン材に近いプレス成形性や、衝突時のエネルギー吸収性能を持ちながら、引張強度980MPa以上の高い強度を両立した、第2世代のハイテン材。

 

従来プレス成形が困難だった複雑形状部品や、衝突時に乗員を保護するためにエネルギー吸収の役割を担う部品への適用が可能になり、超ハイテン材の採用部品を拡大することで、車体のさらなる軽量化が可能となるとの事だ。

 

日産自動車は、この超ハイテン材を、2018年3月に米国で発売したインフィニティQX50のフロントサイトメンバーやリアサイドメンバーなどの車体骨格部材として世界で初めて採用。今後発売する新型車に採用を拡大していくとしている。

 

同社は車体の軽量化のため、車体部品における超ハイテン材を25%(重量ベース)以上に採用する目標を掲げ、2013年から高成形性1.2GPa級超ハイテン材の採用をはじめ、超ハイテン材適用技術を積極的に開発。

 

今回発売したインフィニティQX50では、超ハイテン材適用率27%を達成した。

 

2013/03/13 日産、「超高張力鋼板」で軽量化に挑戦
 
 

超ハイテン材は、通常のハイテン材と同等の車体性能を保ちながら鋼板を薄くできるため、車両の軽量化が可能で、燃費や走行性能の向上に貢献。また、1台あたりの鋼板の使用重量が少なくなることに加え、冷間プレスが可能なため量産に適しており、生産コストを含めた車両トータルでコストの上昇を抑えることができると云う。

 

日産は、今後も超ハイテン材の採用を積極的に進め、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2022」で掲げるCO2の削減や新規採掘資源への依存低減を推進するとしている。

 

 

■日産自動車、「超高張力鋼板」の採用を25%に拡大(2013/03/12):

https://newsroom.nissan-global.com/releases/130312-01-j?lang=ja-JP

 

■世界初1.2GPa級高成形性超ハイテン材(冷間プレス用超高張力鋼板)を開発(2011/10/05):

https://newsroom.nissan-global.com/releases/111005-01-j?lang=ja-JP

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。