NEXT MOBILITY

MENU

2018年10月3日【部品・生産】

OEG、車載機器向け「硫黄ガス腐食試験」サービスを開始

NEXT MOBILITY編集部

 

OKIグループで信頼性評価と環境保全の技術サービスを展開するOKIエンジニアリング(OEG)は、車載機器向け「硫黄(S8)(※1)ガス腐食試験サービス」を、10月4日から開始する。

 

長寿命、高温動作時の信頼性の確保が要求されるECU(※2)などの電子機器・部品メーカー向けに提供し、実際のエンジンルームに近い環境での腐食試験により、硫黄ガス対策をサポートする。

沖電気・ロゴ

自動車のエンジンルーム内には、エンジンとさまざまな機器との接続ホースや封止材にゴム部品が使用され、硬化剤として硫黄が含まれている。

 

それらゴム部品からは、エンジンルーム内の高熱により、硫黄ガスが発生し、近年増加しているECUの電子部品や回路基板を腐食させ、接触不良故障の原因となると云う。

 

今回OEGでは、エンジンルーム内の環境を模擬した腐食試験方式として、小型電子部品向けの「オイルバス方式」(※3)と、大型のモジュール・ユニット機器向けの「恒温槽方式」(※4)の2つの方式を独自に開発。

 

2方式を用いることにより、車載・自動車メーカーは、エンジンルーム内に実装される電子部品や回路基板に対し、実環境に近い環境での硫黄ガス耐性を確認し対策を検討することができ、より信頼性の高い製品開発が可能になると云う。

 

さらに、OEGが従来から提供している耐水性、耐オゾン性、耐熱性、耐寒性、耐腐食性などさまざまな信頼性環境試験の後続試験として組み合わせることも可能。

 

自社で設備・人的投資をすることなく、自動車搭載部品など電気部品の各種環境試験を一括して効率的に行うことができるとしている。

 

※1)硫黄(S8):硫黄原子が8個の環状分子構造である同素体のこと。

※2)ECU(Electronic Control Unit):センサーなどの情報を基に各システムを制御するコンピューターユニットのこと。

※3)オイルバス方式:試料と硫黄粉を入れたガラス容器を、加温されたシリコンオイルやグリセリン溶媒に浸漬し、硫黄のガスを発生させる方式。

※4)恒温槽方式:試料と硫黄粉を入れたデシケーターを恒温槽に入れて加温し、硫黄のガスを発生させる方式。

 

※タイトル写真:(左上)エンジンルームのゴム製品使用例。(左下)オイルバス方式。(右)恒温槽方式。(OKIエンジニアリングHPより)

 

[販売計画]

 

– 標準価格:個別見積もり
– 販売目標:1億円/2年間
– サービス提供開始時期:2018年10月4日

 

[問い合わせ先]

 

OKIエンジニアリング システム評価事業部

・電話:03-5920-2354
・問い合わせフォーム:https://www.oki.com/cgi-bin/inquiryForm.cgi?p=k036

 

 

■(OKIエンジニアリング)硫黄(S8)腐食試験:http://www.oeg.co.jp/Rel/S8.html

■(OKIエンジニアリング)ガス腐食試験:http://www.oeg.co.jp/Rel/Gascorrosion.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。