NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月7日【エレクトロニクス器機】

ティアフォー、CES2019トヨタ紡織ブースで自動運転車内サービス

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ティアフォーグループ傘下のシナスタジアは、1月7日、エレクトロニクス関連の国際的見本市「CES 2019」(米国ネバダ州ラスベガス市・現地時間2019 年1 月8 日〜1 月11 日)にて、トヨタ紡織が開発したデモカーMOOX(ムークス)内で、VRによる観光疑似体験のデモを行うことを発表した。

 

 

これは、自動運転技術の進展に伴い、多様化する移動空間でのニーズも多様化に対応した新しい車内サービスの一つとして提案するもの。

 

 

より具体的には、トヨタ紡織のデモカーMOOXの車内でVRゴーグルを装着することで、実写映像に重ねてバーチャル映像で表示されるキャラクターによって、様々な観光地情報のリアルタイムガイドが体験できるというもの。

 

自動運転車やインターネットに接続されたコネクテッドカーならではの、スマートフォンのような新しい車内サービスを提案する。

 

 

ちなみに、MOOXは自動運転レベル5を想定した車室空間モデル。ビジネスやエンターテインメントなど様々なサービスで空間活用されることを想定し、自由自在なシートレイアウトで必要な機能を配置。乗員の行動や状況に応じた五感刺激でサービスの価値を向上することを提案するモデルだ。

 

 

トヨタ紡織では、今回のCES2019で他にも、自動運転レベル4を想定した車室空間モデル「AceS(エーセス)」も展示。

内装やシートで乗員の生体情報を検知して眠気や感情を推定する技術や、状況に応じて音楽や光などで人の五感を刺激し、安心・快適を提供する技術を紹介する。

 

 

出展場所

Tech East 、Westgate ブース番号1901

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。