NEXT MOBILITY

MENU

2018年9月5日【エレクトロニクス器機】

東陽テクニカ、世界初のマルチビーム方式LiDARの販売開始へ

坂上 賢治

 

 株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は9月5日、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システム向け LiDAR の開発・製造を行うXenomatiX N.V.(本社:ベルギー・フラームス=ブラバント州ルーヴェン)の周辺環境計測システム「XenoLidar」の販売を開始した。

 

 

 この「XenoLidar」は、自動車のルーフなどに取り付け、レーザーを照射し反射光を検知することで高精度に周辺環境を測定する光学センサー。目下、世界で初めて(※)LiDAR にマルチビームを採用した True-solid-state 型マルチビーム方式の LiDAR として特許を出願中の製品である。(※)True-solid-state 型マルチビーム方式 LiDARとして2018年8月27日時点。東陽テクニカ調べ。

 

 同社によると可動部分と回転機構を持たないため、壊れにくく、かつ自動車へ導入する際には設置場所の自由度が限りなく広がるとしている。さらに数千本のレーザー照射により一度に多くのターゲットを検出でき、昼夜・天候を問わず、小さな対象物においても 200m 先まで正確に検知・計測する。

 

 今日、世界各国で開発が進んでいる ADAS/自動運転用センサーは、LiDAR、カメラ、レーダー、超音波の 4 つに分類される。

目下実用化が進むレベル 2(運転支援)の駐車支援や、誤発進防止には超音波センサ。AEB(自動緊急ブレーキ)には前方カメラやミリ波レーダーが使用されている。そうしたなかLiDAR(Light Detection andRanging)は、“光による検知と測距”を行う光センシング技術のひとつである。

今後は、レベル 3 以上(自動運転)の開発で衝突事故防止の観点から、あらゆる対象物の検出はもちろん、車両と各対象物との距離を正確に計測することが求められるため、小さい対象物を含め精度良く計測ができるLiDARの搭載を検討する自動車メーカーが増えていく。

 

しかし、現行のメカニカル式LiDARは可動部を持つために高コストでサイズも大きく搭載できる車種が限定されてしまうため、これまで可動部を持たないSolid-state 型LiDARの研究・開発が世界各国で進められてきた経緯がある。

 


オブジェクトトラッキングの例

 

 今回XenomatiX N.V.社が、同製品に搭載した周辺環境計測システム「XenoLidar」(特許出願中)は、世界で唯一のTrue-solid-state 型マルチビーム方式のLiDARであるため、可動部分と回転機構を持たず壊れにくいことから、自動車搭載時の自由度が高い。

 

さらに同機は、数千本のレーザーを同時に照射(160,000 点/秒)することで、車両や人、建物など、一度に多くのターゲットをより高速で高分解能に検出することが可能としている。

具体的には、昼夜・天候を問わず、小さい対象物も200m 先まで正確に計測できるとする。加えて3D データと2D画像の双方をリアルタイムに取得できるとし、これにより自動運転車両への搭載で対象物の検出の他、車両と各対象物との距離も正確に測定することができ、さらに移動している対象物の速度の算出や走行可能エリア(路面のフリースペース)の検出も可能だと云う。

 

「XenoLidar」の特長
– True-solid-state 型であること:可動部分、回転機構を持たないため、小型で壊れにくく、設置場所の自由度が広がる。
– 3D 点群データーと2D 画像のリアルタイム取得が可能であること:2 つのデータ取得によって、対象物の高精細な判別が可能。
– 200m の距離計測能力がかのうであること:20%の反射率で測定が可能で、昼夜・天候問わず正確な計測を実現する。
– マルチビーム方式であること:160,000 点/秒(50Hz データ出力)と高速で高空間分解能な計測が可能。

 

製品概要
製品名:周辺環境計測システム「XenoLidar」
販売開始:2018年9月5日

 

 2013 年設立の XenomatiX 社は、ADAS や自動運転の研究開発に用いられる試験計測用高精度LiDAR ソリューションを提供している。

周辺環境計測システム「XenoLidar」の他に、路面形状の計測に特化した路面形状計測システム「XenoTrack-RT」も販売しており、路面プロファイルを使ったシミュレーション試験などに使用されている。また各車輪前方の路面情報をリアルタイムに出力することが可能でアクティブサスペンションの研究開発にも用いられている。

今後はさらにコンパクト化した LiDAR システムのリリースを計画、自動車メーカーや Tier1 サプライヤーのシステムや部品と組み合わせた新たなソリューションを展開していく構えだと云う。
XenomatiX Web サイト:http://www.xenomatix.com/ 

 

( MOTOR CARSから転載  )

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。