NEXT MOBILITY

MENU

2018年8月9日【テクノロジー】

東洋製罐と新日鐵住金、業界最軽量約4割減のスチール缶を開発

NEXT MOBILITY編集部

東洋製罐と新日鐵住金は、共同で業界最軽量となるスチール缶を開発した。

 

このスチール缶採用の製品は、既に今年5月から市場に流通していると云う。

 

共同開発したスチール缶(開発缶)は、185g用TULC(*1)の低陽圧缶(*2)で、缶重量はスチール缶では業界最軽量の16.2g(蓋除く)。

 

低陽圧缶仕様の従来缶に対して6%超、広く使用されているTULCの陰圧缶(*3)に対して約40%の軽量化を実現した。

 

缶の軽量化は製造工程や輸送時のCO2排出量削減につながることから、両社は、今後の開発缶の採用拡大が期待できるとしている。

 

[開発までの経緯]

 

東洋製罐は、安定した缶内圧の確保により缶内圧検査が可能で、缶の薄肉化を図れる低陽圧缶充填システムを開発しており、飲料充填メーカーに低陽圧缶仕様のスチール缶と共に提供している。

 

新日鉄住金は、低陽圧缶仕様の従来缶用に板厚0.185mmの鋼板を供給していたが、開発缶用に新たに板厚0.170mmの鋼板を開発。鋼板はTULC製缶時に更に薄く延ばされる。

 

缶の板厚が薄くなるに伴い、鋼板中の介在物の影響を受けやすく、缶は破断しやすくなるが、新日鉄住金は、介在物を極力低減する技術を高めた極薄鋼板を開発。

 

東洋製罐は、製缶プロセスの工夫で、板厚0.170mmの極薄鋼板でのTULC製缶を実現した。

 

[スチール缶の開発]

 

スチール缶は、以下のような特徴をもっている。

 

①リサイクル率が高く、LCA(ライフサイクルアセスメント)に優れる
②打検(*4)により、缶詰製品の内圧異常などの良否判定が可能
③変形・破損がしにくく、流通特性に優れる
④遮光性・気密性に優れ長期保存が可能

 

両者は、上記に挙げた特徴を生かし、素材メーカーと製缶メーカーの共同の取り組みにより、業界最軽量となるスチール缶を実現。開発缶は現在、ダイドードリンコのコーヒー製品に採用されている。

 

東洋製罐と新日鐵住金は、今後も両社の技術先進性を発揮することを通じて、地球環境に優しく、食品安全性に優れたスチール缶の開発に取り組んでいくとしている。

 

*1)TULC:TULC(Toyo Ultimate Can)は、材料・生産プロセスを根本から見直し、加工時にクーラント(潤滑・冷却剤)不要、廃水処理不要、内面塗装不要な環境保全性を高めた2ピース缶。

*2)低陽圧缶:缶の内圧が外気圧より高い(陽圧)状態のため、缶胴が薄くても強度が保持できる。また缶底がフラットなため、陰圧缶詰用の打検システムが使用出来る。

*3)陰圧缶:缶の内圧が外気圧より低い(陰圧)状態のため、缶の剛性により強度を保持する。

*4)打検:音波を利用した缶詰の非破壊検査方法。缶底を叩いてその音の振動数を解析し、製品の内圧を判別して良否判定する。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。