NEXT MOBILITY

MENU

2019年6月11日【アフター市場】

TOYO TIRE、新企業テレビCFを放映

NEXT MOBILITY編集部

 

 

TOYO TIREは、6月11日、TOYO TIRESブランドがめざす世界観を映像で表現した新しい企業テレビCFを制作し、2019年6月12日(水)より放映を開始することを発表した。

 

 

新CFのタイトルは「まだ、走ったことのない道へ。─タイヤが好きだ篇─」。

 

これは、「道なき大地であっても勇気をもって果敢に走り、自ら新たな道をつくっていく」という同社グループの新しいブランドステートメントに基づくものだ。

 

 

その背景にあるのは、まだ走ったことがない道であっても進み続ける人々が持つ「それが好きだ」という情熱。

 

同社グループでは、今は多くの人が自分の「好き」に誇りを持ち、生きる原動力にさえしている時代だと捉え、その中で同社では「タイヤが好きだ」という情熱により、新たな挑戦を続ける企業でありたい、といったメッセージが込められている。

 

 

映像の中では、ビンテージカーから大衆車、ピックアップトラックなど様々なクルマが登場。クルマ愛好家たちの多様なドライブシーンとともに、好きなことに夢中になっている姿、好きなものを目の前にした人の豊かな表情を散りばめることで、同社グループの「タイヤが好きだ」というメッセージを発信している。

 

 

 

また、ラリーなどで数々の戦績を誇る北米出身の有名モータースポーツドライバーであるケン・ブロック選手なども登場し、多くのクルマ好きが注目する内容にもなっている。

 

 

今後、同社では、当該テレビCFをはじめ、新聞広告やホームページなど、さまざまなタッチポイントで新しいブランドステートメントを発信していく予定だ。

 

 

【参考動画】

 

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。