NEXT MOBILITY

MENU

2021年5月25日【新型車】

BMW、マイナーチェンジした「MINI」3モデル販売開始

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は5月25日、マイナーチェンジした新型の「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」を、同日より全国のMINI正規ディーラーにて、販売を開始すると発表した。
メーカー希望小売価格は、MINI 3ドアが 273〜 482万円、MINI 5ドアが290〜427万円、コンバーチブルが385〜538万円(いずれも消費税込)となっている。

 

今回発表の新型「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」は、「複雑さを削ぎ落し、極限までピュアにMINIの個性を際立たせる」というコンセプトのもと、内外装デザインが一新された。

 

機能面では、初搭載のストップ&ゴー機能付きACCやレーン・ディパーチャー・ウォーニングなど安全装備が強化され、さらにスマートフォン・アプリ「MINI App」を使用できるMINI Connectedが全車標準装備となった。

 

◾エクステリア:

 

LEDヘッドライトが全車標準装備となり、フロント・グリルが大型化。MINIの伝統的な六角形のグリルがより際立つようになった。

 

従来はフォグ・ランプが装備されていたフロント・バンパー下部には、新たにエア・カーテンが採用され、前方からの空気の流れを効率よくエア・インテークへ送り込むことで、デザイン性と共に空力性能も向上させている。

 

バンパー中央部分は、従来のブラックからボディ同色に変更。ラジエーター・グリルを囲む六角形のフレーム部分は、より太くなった。

 

 

新デザインのサイド・スカットルは、サイド・デザインに洗練された印象を与えている。リア・バンパーの下部は、新たに動きのある立体的なデザインが採用され、よりスポーティな印象に刷新されている。

 

 

ボディ・カラーには、少し明るい大人びたグレーの「ルーフトップ・グレー・メタリック」、深みのあるブルー「アイランド・ブルー・メタリック」、個性が際立つ「ゼスティー・イエロー・ソリッド」(新型MINIコンバーチブルのみ)の3色が新たに追加。

 

さらに、デザイン業界初のコンセプトを用いた「マルチ・トーン・ルーフ」も注目だ。車両前方から後方にかけて「ソール・ブルー」、「パーリー・アクア」、「ジェット・ブラック」へとグラデーションで変化する。

 

このルーフ・カラー・デザインは、MINIが生産されるオックスフォード工場の塗装技術により実現したもので、各々の塗料が乾ききる前に塗り重ねていくウェット・オン・ウェット塗装が用いられている。1台1台で微妙に表情が変化するため、マルチ・トーン・ルーフを選択するだけで、MINIブランドのコンセプトの1つでもある「カスタマイズ性」も感じられるという。

 

◾️内装デザイン

 

 

今回タッチ操作が可能な8.8インチ・ワイドカラーのセンター・ディスプレイが全車標準装備に。デジタル表示のマルチ・ディスプレイ・メーター・パネルが採用され、スイッチ類も含めてフラットなデザインになった。

 

表示方法をドライバーの気分に応じて、ブルーを基調とした落ち着きのある雰囲気を演出する「ラウンジ・モード」や、ゴーカート・フィーリングを視覚的に演出する「スポーツ・モード」に変更することが可能だ。

 

オプション装備として設定された新しいアンビエント・ライトを選択すると、インテリア・サーフェスやドア・トリムの下などにLEDライトが装備され、室内を囲い込むように、「ラウンジ・モード」、「スポーツ・モード」の配色に呼応したカラーが点灯する。

 

 

さらに、レザー・ステアリング・ホイールが全車標準装備になると共に、インテリア・サーフェスが、中央のエア・コンディショナー吹き出し口を取り込んだ一体型のデザインに刷新されている。

 

◾️最新の運転支援システムとコネクティビティ

 

新型MINIのアクティブ・クルーズ・コントロールには、MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブルとして初めてストップ&ゴー機能が装備された。

 

MINIブランドとして初搭載のレーン・ディパーチャー・ウォーニングや、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキを標準装備(MINI 3 door ONE / 5 door ONEを除く)している。

 

またMINI Connectedを全車に標準装備。車載通信モジュールにより車両外部との通信によるコネクティビティを高め、MINI SOSコールやテレサービスなども提供する。

 

さらに、4月にリニューアルされたスマートフォン・アプリである「MINI App」と連携させることで、車両に乗り込まなくても、車両の状況、車両の位置の確認、車両のロック/ロック解除、ヘッドライトの点灯、換気操作等が、遠隔で可能となった。

 

「MINI App」はアプリ上の地図機能に加えて、Google MapsやAppleの「マップ」と連携することが可能で、スマートフォン上で目的地を検索し、車両に転送することが可能になっている。

 

◾️新型 MINI John Cooper Works ついて

 

今回MINI 3ドアとMINIコンバーチブルに設定される「MINI John Cooper Works」は、高性能エンジンを搭載した、サーキット志向のモデル。外装を大幅に一新し、ラジエーター・グリルを囲む六角形のフレーム部分が大きくなり、バンパー下部のエア・インテーク部分まで取り囲む形状となることで、存在感のあるデザインとなっている。

 

サイド・スカットルには、ターン・インディケーターの上部分にMINI John Cooper Worksを象徴するレッドのアクセント・カラーが加えられると共に、MINI John Cooper Woksのロゴが施されている。リア下部のバンパー部分は、従来の六角形のメッシュ形状を減らし、凹凸のないフラットなパーツと組み合わせることで、メリハリがあるアグレッシブなデザインにしたという。

 

◾️新しいデザインパッケージ「Trim(トリム)」

 

MINIを購入する際に、より分かりやすくインターネットを通じて情報収集が可能になるように、「Trim(トリム)」と呼ばれる新しいデザイン・パッケージが設けられ、全世界統一でシンプルなオプション・ラインアップへと刷新された。

 

Trimには、最もシンプルな「ESSENTIAL TRIM(エッセンシャル・トリム)」、MINIの伝統的な個性が際立つ「CLASSIC TRIM(クラシック・トリム)」、スポーティ志向の高い「JOHN COOPER WORKS TRIM(ジョン・クーパー・ワークス・トリム)」、MINI YOURSの上質な装備を盛り込んだ「MINI YOURS TRIM(ミニ・ユアーズ・トリム)」の4種類が設定されている。

 

このTrimをベースにしながら装備を選択していくことで、自分の好みに沿った、より統一感のあるモデルを簡単に作ることが可能となった。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。