NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月3日【テクノロジー】

ダイハツ、スマートアシスト搭載車が累計200万台超に

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ダイハツ工業(以下、ダイハツ)は、12月3日、同社が販売する衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2018年11月末時点で200万台を突破したことを発表した。

 

今回の累計数は、スマートアシスト、スマートアシストⅡ、スマートアシストⅢ、スマートアシストⅢtの合計(OEM車両を除く。ダイハツ調べ)。

 

 

「スマートアシスト」は、2012年12月にマイナーチェンジして発売した「ムーヴ」で初搭載。軽自動車で初めて衝突回避支援ブレーキなどの先進デバイスを求めやすい価格で採用したシステムだ。

 

 

2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストⅡ」へ進化。さらに2016年11月には、世界最小(2018年11月30日現在)の小型ステレオカメラを搭載し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応する「スマートアシストⅢ」へと進化。

 

さらに2018年5月には軽商用車「ハイゼット トラック」用の「スマートアシストⅢt」を追加した。

 

現在は、軽自動車11車種、小型乗用車2車種、計13車種にスマートアシストを搭載し、軽乗用車「コペン」を除き、乗用車から商用車まですべての車種に搭載。

 

 

これらにより、スマートアシストの搭載比率は約8~9割となっており、その機能と顧客が求めやすい価格で好評となっている。

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。