NEXT MOBILITY

MENU

2020年9月29日【エレクトロニクス器機】

京セラ、ダッシュボードが透明になるコンセプトカー開発

山田清志

コンセプトカー「Moeye(モアイ)」の側面

 

京セラは9月29日、自社製のデバイスを多数搭載したコンセプトカーの第2弾「Moeye(モアイ)」を開発したと発表し、報道陣に公開した。それはエクステリアがクラシックカーみたいだが、インテリアはダッシュボードが透明になる、驚きのクルマだ。MaaS時代の人とクルマの関わりがどうなるかを考え、新しいコックピットの世界観を提案したそうだ。(経済ジャーナリスト・山田清志)

 

コンセプトカー「Moeye(モアイ)」の正面

 

東大教授と協働し光学迷彩技術を用いて透明化

 

モアイは自動運転化やMaaS(Mobility as a Service)の普及か進む中で、車室内空間の重要性に着目し、驚きと快適をもたらす未来のコックピットをイメージしている。その象徴的な機能として、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授と協働し、独自の光学迷彩技術を用いてダッシュボードを透明化してドライバーの視野を広げることを可能にした。

 

コンセプトカー「Moeye(モアイ)」の車内

 

クルマの前部に搭載された8個のカメラでとらえた映像を、リアルタイムでコンピュータ処理し、乗員背後のプロジェクターからダッシュボードに投影する仕組みになっている。横幅1200mmのダッシュボードは表面に再帰性反射材が使われており、光が当たると光源の方向にそのまま反射する工夫が施されている。

 

また、ダッシュボードはディスプレイの役割も果たし、速度や地図などの情報から車内エンターテイメントのソースまで、裸眼立体視技術によってグラフィックをバーチャル3Dで表示される。

 

光学迷彩技術を用いたダッシュボード

 

視覚、触覚、聴覚、嗅覚を楽しませるデバイスを搭載

 

さらに、人間の視覚、触覚、聴覚、嗅覚を楽しませる京セラ独自のデバイスを数多く搭載し、クルマとして重要な安全性とエンターテイメント性の両方を兼ね備えたクルマになっていて、京セラが考える未来のクルマの世界観を世に問うものになっている。

 

例えば、視覚面では、光学迷彩技術を用いたダッシュボード以外でも、LED照明セラフィックにより、スペクトルのカスタマイズが可能なため、通常のLED照明では難しかった繊細な色彩表現が可能になった。それにより、朝夕の自然光を自由に変調し、光で快適な車室内空間を演出できる。

 

触覚面では、パネルを指でタッチし感圧で微細な振動を発生させ、クリックしたことを伝えるハプティビティ(触覚伝達技術)をインパネとセンターコンソールに搭載し、ユーザーインターフェースの操作と連動させて、ボタン押下の食感を実現した。

 

会見風景

 

聴覚面では、ピエゾ素子を用いた振動スピーカーを搭載し、車室内に迫力あるサウンドを提供し、耳で楽しめる快適空間を演出。ヘッドレストにも振動スピーカーを搭載してドライバーの耳元にクリアなサウンドを提供する。そして嗅覚面では、車室内に5種類の豊かな香りや匂いを噴射させ、期分に応じて香りを選び楽しむ快適空間を演出した。

 

人が注目しない分に新しい価値

 

第1弾の「スポーツEVコンセプトカー」は、高感度カメラやサラウンドビューカメラ、よそ見運転を警告するドライバーモニタリングシステム(DMS)など12の京セラ製ADAS最先端製品を搭載し、安全に快適に走ることを意識したクルマだった。それに対し、今回のモアイはクルマの中で快適に過ごすことを意識したクルマだといっていいだろう。そのため、走行はできないそうだ。

 

京セラの稲垣正祥執行役員上席

 

「今回のモアイの提案は、人があまり注目していない部分に新しい価値があるのではないかということだ。それが同ビジネスに結びつくかは、正直言って今は分からない。ただ、この価値提案に共感して、私どもと一緒に何かやりたいという企業なり、研究者がいたら、是非一緒にやりたい」と京セラ研究開発本部長の稲垣正祥執行役員上席は話していた。

 

ちなみに「モアイ」という車名は、「More “eye”」「More “I”nnovative」「More “愛”」という意味が込められているという。自動車業界は、CASEに象徴される大変革期を迎えており、自動車が単なる移動のための“箱”になってしまうという見方も出ている。京セラはその“箱の中”に注目し、人間の五感の中から味覚を除いた4つの感覚で楽しむことができる移動空間をこのモアイで表現したのである。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。