NEXT MOBILITY

MENU

2020年8月27日【新型車】

ホンダ、新型EV「Honda e」を10/30発売

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

ホンダは、新型電気自動車(EV)「Honda e」を10月30日(金)に発売する。販売計画台数(年間)は、1,000台。全国メーカー希望小売価格(税込)は、「Honda e」が451万円、「Honda e Advance」が495万円。

honda・ホンダ・ロゴ

ホンダが提案する都市型コミューター「Honda e」は、これまでのクルマにはない魅力を追求すると共に、EVの本質を見つめ、柔軟な発想で、未来を見据えてつくりあげたモビリティ。新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインと、力強くクリーンな走りや取り回しの良さ、そして多彩な先進機能を搭載し、ユーザーの移動と暮らしをシームレスに繋げる生活のパートナーとなることを目指した。

 

 

 

 

[4つの魅力]

 

■先進のテクノロジー

 

・世界初(※1)となる5つのスクリーンを水平配置するワイドビジョンインストルメントパネルを採用。その中央に、運転席や助手席でそれぞれ表示機能を選択したり、左右アプリの入れ替えが可能な12.3インチのスクリーンを2画面並べた「ワイドスクリーンHonda CONNECTディスプレー」を配置。
 また、スマートフォンとの接続によって音楽アプリやエンターテイメントアプリを表示するなど、これまでのクルマでは体験したことのない、楽しみながら新たな使い勝手を創造できるディスプレーとした。

 

・クラウドAIによる音声認識と情報提供をおこなう「Hondaパーソナルアシスタント」を搭載。「OK, Honda」と呼びかけることで、音声認識によりリアルタイムの情報を提供。クルマへの愛着がより感じられるように、語りかけに対しキャラクターが7つの表情で反応する。
 さらにホンダ車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT」を搭載し、コネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータルケア プレミアム/※2)」を提供する。

 

・専用アプリのダウンロードで、スマートフォンをデジタルキーとして使用可能。アプリでは、パワーオンまで行える(国産車初/※3)。

 

・乗り降りにおいてもシームレスさを追求するため、スマートキーを持って近づくと自動でフラッシュアウターハンドルがポップアップし、ドアハンドルに触れるだけでドアロックが解除される。
 またクルマへ乗り込んでドアを閉めると、乗車したことを検知し自動でパワーがオンに。運転者はシートベルト着用後にDレンジボタンを押し、アクセルを踏むだけで走行が可能となる。

 降りる際も、降りてドアを閉めると自動的にパワーオフとなる等、限りなくシームレスな乗り降りを可能とした。

 

・昼夜天候を問わず安心な視界を確保できるよう、サイド/センター(※4)カメラミラーシステムを搭載した。
 世界初(※5)の量産車標準装備となるサイドカメラミラーシステムには、170万画素の高精細カメラを採用。インストルメントパネル左右に配置される6インチモニターでは、ドアミラーと比べても違和感が少い、また雨天時でも鮮明な映像が確認できる。

 

■モダンで親しみやすいデザイン

 

・エクステリアデザイン(※6)では、円を基調とした、新しい時代になじむシンプルでモダンなデザインを目指した。また、見せる要素と隠す要素を明確化することで、フロントグリルなどを際立たせた。さらに中央に配置した充電/給電ポート、触り心地がよい全面ガラスのリッドなど、毎日触れる場所に、シンプルで美しいデザインを取り入れた。

 

・インテリアデザインは、走行中のみならず、停車時の心地よさも重視。先進装備を搭載しつつ、シンプルで心安らぐリビングのような空間を目指した。
 パネルには、リビングテーブルのような温もりが感じられる自然な風合いのウッド調パネルを採用。スイッチ類を極限まで減らしたシンプルなデザインにより、操作の簡便さも実現した。
 また、シートとドアの表面のメランジ調のファブリック、ブラウンのシートベルトやダウンライト式のLEDルームライトにより、上質でモダンなリビング空間を演出している。

 

 

 

 

■都市型コミューター

 

・リアに大トルクモーターを配置することによる力強い加速と、高いボディー剛性、路面の凹凸を吸収する四輪独立懸架サスペンションの採用により、上質な乗り心地ときびきびとした安定感のある走りを実現。
 また、約6mの片側1車線の道路でもUターンできる最小回転半径4.3mを実現。
 さらに、NORMALとSPORTの2つの走行モードやシングルペダルコントロールなど、ドライバーの好みやシーンに合わせた走りの設定を可能とした。

 

・コンパクトなボディーでありながらも、ゆとりあるドライビングポジションを確保。シートにアコードのフレームを使用することで、広々とした座り心地を実現。大人4人が快適に過ごせる空間とした。

 

・街なかの狭い駐車スペースでも安心して駐車できるよう、駐車支援システム「Honda パーキングパイロット」をホンダ車として初搭載。6つのパターンの駐車/出庫モードに対応し、駐車したい場所を選定しボタンを押すだけ(※7)で、4個のマルチビューカメラと12個のソナーで駐車枠や空間をクルマが認識し、アクセル、ブレーキ、ハンドルやシフト操作を行う。

 

・建物/家屋に給電するV2H(Vehicle to Home)や、機器などの電源となるV2L(Vehicle to Load)に対応した。

 

 

■先進の安全・安心

 

コンパクトEVのパッケージと優れた全方位衝突安全性能を実現するボディー骨格技術を開発。また先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(※8)」を標準装備とした。

 

Honda SENSING 機能一覧 (サポカーS<ワイド>に該当)

 

1)衝突軽減ブレーキ<CMBS>
2)誤発進抑制機能
3)後方誤発進抑制機能
4)近距離衝突軽減ブレーキ
5)歩行者事故低減ステアリング
6)路外逸脱抑制機能
7)渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール<ACC>
8)車線維持支援システム<LKAS>
9)先行車発進お知らせ機能
10)標識認識機能
11)オートハイビーム

 

※1:量産車において。Honda調べ(2020年8月現在)。
※2:最短1か月から利用期間を選択できるサブスクリプションサービスで、申し込みが必要。
※3:日本で製造かつ販売されている車両として。Honda調べ(2020年8月現在)。
※4:Honda e Advanceに設定。
※5:Honda調べ(2020年8月現在)
※6:世界的に権威のあるデザインに関する賞の一つ「レッド・ドット・デザイン賞」において、2020年プロダクトデザイン賞の最高賞「ベスト・オブ・ベスト賞」を獲得。さらにスマート・プロダクト部門においても、「レッド・ドット賞」を受賞
※7:Honda パーキングパイロットは、ドライバーの運転支援機能のため、周辺状況、天候状況、車両状態などの条件によっては作動しない場合や十分に性能を発揮できない場合がある。
※8:Honda SENSING<https://www.honda.co.jp/hondasensing/>の各機能の能力(認識能力・制御能力)には限界がある。

 

[全国メーカー希望小売価格]

 

<タイプ、乗車定員、駆動方式、価格(消費税10%込)>
– Honda e、4名、RR、4,510,000円
– Honda e Advance、4名、RR、4,950,000円

 

*価格には、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う費用は含まれない。
*メーカー希望小売価格(消費税10%込み)は、参考価格。販売価格は販売会社が独自に定めているため、詳しくは販売会社に問い合わせること。
*自動車リサイクル法の施行によりリサイクル料金が別途必要。リサイクル料金は、リサイクル預託金(シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル等に必要な費用、情報管理料金)および資金管理料金の合計金額。

 

[ボディーカラー]

 

・プラチナホワイト・パール(★1)
・チャージイエロー(Honda新色)
・ルナシルバー・メタリック
・モダンスティール・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・プレミアムクリスタルブルー・メタリック(★2)
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック(★2)

 

★1:38,500円(消費税10%抜き35,000円)高。
★2:60,500円(消費税10%抜き55,000円)高。

 

 

■(ホンダ)Honda e:https://www.honda.co.jp/honda-e/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。