NEXT MOBILITY

MENU

2018年6月28日【政治経済】

経産省・経団連・日科技連、公開シンポジウムで品質問題防止策を提言

松下次男

 

公開シンポジウム「サプライチェーン全体での品質保証体制の強化に向けて」で品質問題の防止策を訴える

 

 経済産業省、(一社)日本経済団体連合会、(一財)日本科学技術連盟は共同で先の6月25日、企業の経営層が品質保証体制の構築に率先して取り組んでいくことを促すべく「サプライチェーン全体での品質保証体制の強化に向けて」をテーマとした公開シンポジウムを開催した。

 

自動車や素材産業などの製造業で昨年以降、製品検査データの書き換え不正事案が相次いで発覚している。こうした事案は、サプライチェーンを通して、わが国の『ものづくり』を大きく失墜し兼ねない要素となるだけに、早急な対応が迫られている。

 これに対し同シンポジウムでは、先進企業を事例を踏まえながら、現場とのコミュニケーションの重要性を強調するとともに、テクノロジーを活用してシステム的に不正が不可能となる仕組みづくりなどを呼び掛けた。

 

 具体的なシンポジウムの内容では、世耕弘成経産相、中西宏明経団連会長の挨拶に続き、坂根正弘日科技連会長が講演。その後、多田明弘経産省製造局長のモデレーターで、パネル・ディスカッションが行われた。

 

相次ぐ製品検査データの書き換え不正に対して、コネクテッド・インダストリーの推進で不正防止へ

 

1 2 3 4 5 6
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。