NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月16日【アフター市場】

ボッシュ、事故データ読み出しツール展示-オートサービスショー

NEXT MOBILITY編集部

 

 

独・ロバート・ボッシュGmbHの日本法人ボッシュは、オートサービスショー2019(5月16日〜5月18日・東京ビッグサイト青海展示棟)に出展し、自動車事故の発生時に車両の挙動を記録する装置EDR(EVENT DATA RECORDER イベントデータレコードダー)のデータを読み出しできるツールの最新型「CDR900」を展示した。

 

 

事故発生時の車両状況を知るために重要な情報が記録されるEDRは、いわばクルマのフライトレコーダーといえるもの。通常は、車両生産時、主にエアバッグコントロールモジュールに搭載されている。

 

 

主な役割は、車両に一定以上の衝撃が加わった際に、通常そこから5秒間さかのぼった車両の状況を記録するためのもの。速度、ブレーキ操作、ステアリング操舵角、衝突の大きさ、シートベルトの着用状況、エンジン回転数、アクセル開度、シフトポジションなど最大60種(車種で異なる)の情報を、時系列で記録することが可能だ。

 

そして、このEDRから事故発生時のデータを読み出すことができるツールがCDR(CRASH DATA RETRIVAL クラッシュデータ・リトリバル)で、今回ボッシュが展示したCDR900は、同社CDR製品の最新モデルとなる。

 

ボッシュ ホームページより抜粋

 

 

 

主な特徴は、EDRからのデータ読み出しに関しUSB、イーサネットなどに対応、またPCへのデータ転送はWifiなどを介してワイヤレスで行うことを可能としている。

 

 

加えて、従来型が8ビットなのに対し、新型は64ビットのため、処理速度も著しく向上している。

 

 

 

1 2 3
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。