NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月22日【エレクトロニクス器機】

ショーワ、自動運転向けステア・バイ・ワイヤ-人くる2019

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ショーワは、「人とくるまのテクノロジー展2019横浜(5月22日〜5月24日・パシフィコ横浜)」に出展し、レベル4など高度な自動運転に対応する開発中の新方式ステアリング機構「ステア・バイ・ワイヤシステム(以下、SBWS®)を公開。シミュレータによるデモを実施した。

 

 

SBWS®は、ステアリングホイールとタイヤ間の機械的バックアップ接続を持たない新しいステアリング技術だ。

従来方式では一般的なステアリングと結合したコラムやステアリングシャフトなどがないリンクレス構造で、ステアリングに接続した反力アクチュエータ(下)を

 

 

操舵アクチュエータと配線で繋ぐことで、

 

 

電子信号によりステアリング操作などを制御するシステムだ。

 

 

従来の機械式システムを電子制御に置き換えたシステムには、すでにアクセル開度を電子信号でエンジンECUなどに伝達するドライブ・バイ・ワイヤがあるが、SBWS®はそのステアリング版ともいえるもの。

 

 

採用するメリットとしては、自動運転中のハンドル回転の抑制はもとより、コラムやシャフトがないためステアリング自体をダッシュボードに格納することも可能。車内空間の快適性などを向上させることができる。

 

 

ブース内に設置されたシミュレータでは、実際に自動運転中にシステムがどう動くかのデモを実施。

 

予め設定された3Dシミュレーション上の市街地コースを自動運転中に、直線路からコーナーにさしかかると、操舵アクチュエータが自動でタイヤに舵角をつけることで、車体はスムーズに旋回。

 

 

コーナリング中はステアリングは全く動かないため、自動運転時にはステアリング操作が一切不用であることが一目瞭然。

先に言及した自動運転中のステアリング格納に関しても、機能的に全く問題ないことが分かる。

 

 

また、ドライバーが自ら運転する場合は、ステアリング操舵に応じてタイヤを転舵することはもちろん、車種やドライバーの好みなどに応じた操舵フィールの味付けも可能。

 

 

加えて、必要以上の過大入力(ハンドルの切り過ぎなど)があった場合には、これに対抗して操舵角を規制し適切な操舵角を知らせるなど、様々な機能を持たせることが可能だ。

 

 

同社では、現在このシステムを、レベル4以上の自動運転において、万が一のリスク回避も含め全ての運転タスクが実施できるような信頼性と安全性を持たせるための開発を実施中。商品化は、2020年代中盤以降の予定だ。

 

1 2
CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。