NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月10日【テクノロジー】

ティアフォー、自動運転OSの世界標準化を目指す業界団体を設立

NEXT MOBILITY編集部

 

 

大学発の自動運転ベンチャーであるティアフォーは、12月10日、米Apex.AIおよび英Linaroと共同で自動運転OSの業界標準を目指す国際業界団体「The Autoware Foundation(以下、AWF)」を設立することを発表した。

 

 

AWFは、名古屋大学等で開発されたオープンソースの自動運転OS「Autoware(オートウェア)」を世界的に普及させ、国や企業を問わず自動運転の早期実現が促されるよう参画企業が一丸となって実用化に取り組むための非営利団体。

 

 

代表理事には、ティアフォー創業の中心的存在である加藤真平氏(元・名古屋大学、現・東京大学情報理工学系研究科准教授)に加え、Apex.AIのJan Becker氏、LinaroのYang Zhang氏らが就任する。

 

 

設立時から国内外の21もの企業・団体が参画。それらの中には、トヨタ自動車傘下のTRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティチュート-アドバンスド・デベロップメント)をはじめ、ティアフォー、Apex.AI、Linaro、ARM、オートコア、名古屋大学、LG電子、SEMIジャパン等が名を連ねる。

 

 

主な目的は、Autoware.AI、Autoware.Auto、Autoware.IOという3つのカテゴリの中で、Autowareに関する種々のプロジェクトを発足させ、発展させていくことだ。

 

 

Autoware.AIは、2015年から続く従来のAutowareプロジェクトを踏襲するカテゴリであり、主に研究開発用途として国内外で既に100社以上、30種類以上の自動運転車両に導入されている。

 

 

また、Autoware.Autoは、Autoware.AIを機能安全の観点から見直し、次世代のRobot Operating System(ROS)であるROS 2フレームワークを用いて再設計された新しい車載用Autowareの開発に関するカテゴリ。

 

 

Autoware.IOは、Autoware向けの様々なECU、アーキテクチャ、車両制御インタフェース、サードパーティ製ソフトウェア、ツール関係を取りまとめるカテゴリのことだ。

 

 

各種プロジェクトの技術開発を先導する技術委員会(Technical Steering Committee)は、参画企業・団体から選出された代表者によって形成される予定。

 

また、AutowareはROSおよびROS 2をフレームワークとして採用していることから、Open Robotics (OSRF)のBrian Gerkey氏がAWFのアドバイザーを務めることになっている。

 

 

AWFでは、今後も、自動運転技術の発展に貢献したいという考えをもつあらゆる企業・団体の参画を応募している。

 

AWF参画に関する詳細は以下を参照されたい。

 

 

公式ウェブサイト: https://autoware.org/

 

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。