NEXT MOBILITY

MENU

2018年3月29日【新型車】

日産自動車、新型「アルティマ」をNYモーターショーで世界初公開

NEXT MOBILITY編集部

 

日産自動車は、3月29日、NYモーターショーで、新型「アルティマ」を世界初公開した。

 

新型「アルティマ」(2019年モデル)は、5つのグレード設定で、今秋、米国の日産ディーラーで販売を開始。その他市場でも、今後数年間で発売するとしている。

 

 

[新型アルティマの特長]

 

■多数の先進安全技術を採用

 

高速道路の単一車線での自動運転技術「プロパイロット」を搭載。渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動制御する。2019年モデルのSV、SL、Platinumの3つのグレードに標準装備する。

 

また、後退時に車両後方の静止した物体を検知し、必要に応じて自動でブレーキを作動させて衝突防止を支援する「リアオートマチックブレーキ(RR-AB)」を新たに搭載。SV、SL、Platinumの3つのグレードに標準装備する。

 

加えて、フロントウインドウに設置したカメラで道路標識の制限速度を検知し、ナビゲーションシステムのデータと組み合わせて「アドバンストドライブアシストディスプレイ」に表示、ドライバーに報知する「トラフィックサインレコグイニション」を搭載。

 

他にも、「オートマチックエマージェンシーブレーキ(AEB)」、「インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)」、「後側方車両検知警報(BSW)」や、「インテリジェントクルーズコントロール(ICC)」、「後退時車両検知警報(RCTA)」、「歩行者検知機能付きエマージェンシーブレーキ」、「車線逸脱警報(LDW)」、「ハイビームアシスト(HBA)」、「インテリジェント アラウンドビューモニター(I-AVM)」など、最新の先進安全技術も多数採用している。(グレードにより、搭載技術は異なる)

 

 

■「アルティマ」初の4輪駆動モデル

 

米国北部のニーズに応え、4輪駆動システム「インテリジェント4×4」を初めて採用(新型2.5リッターエンジン搭載車に設定)。

 

このシステムは、トルクスプリット制御で、道路や走行条件に合わせて自動的にトルクを前後輪へ分配(100:0~50:50)する。

 

LSD(リミテッドスリップデフ)やヒルスタートアシストと連携して制御することで、坂道発進や悪路走行を含む幅広いシーンでドライバーに自信と運転する楽しさを提供するとしている。

 

 

■2つの新開発エンジン

 

<世界初、量産型可変圧縮比ターボエンジン>

 

世界初の量産型2.0リッター直列4気筒可変圧縮比ターボエンジン「VCターボ」を搭載。

このエンジンは、V6ガソリンエンジンと並ぶ動力性能を発揮しながら、4気筒エンジンと同等の低燃費を実現すると云う。

 

ピストンの上死点をシームレスに変更できる「VCターボ」エンジンは、運転状況に応じ、圧縮比8:1(高性能)から14:1(高効率)間で、最適な圧縮比を選択、燃料消費量と排出ガスの大幅な削減に加え、騒音や振動レベルの低減などを実現。

既存エンジンと比較し、軽量でコンパクト。最大出力は248馬力、最大トルクは273lb-ft(プレミアムガソリン)になると云う。

 

高速道路走行時の燃費(mpg)で、10%以上の向上が期待できるとしている。(※1)

 

また、「VCターボ」エンジン搭載車には、インストルメントパネルに7インチアドバンスドライブアシストディスプレイが採用され、ドライバーは運転中にコントロールの状態が確認できる。

 

なお、この「VCターボ」エンジンは日本で生産される。

 

1. 実際の燃費は、車両のグレードや走行条件によって異なる。

 

 

<新型2.5リッター4気筒エンジン>

 

新型「アルティマ」では、もう一つ、新型の直列4気筒DOHC 2.5リッター直噴エンジンを用意。

エンジン部品の80%以上が、新しい部品もしくは新設計の部品のこのエンジンの最大出力、最大トルクは、188馬力、180lb-ftとなる。

 

新型エンジンは、吸排逆転エキゾーストマニフォールド一体型ヘッドや断熱性を高めた樹脂ポートインサート、直噴ガソリン(DIG)システム、可変タンブルコントロールバルブ、ミラーボアコーティング、可変容量オイルポンプ、e-VTC、クールドEGRなどを採用。

出力とトルクを向上させながら、騒音や振動等(NVH)を改善し、燃費の向上とクリーンな排出ガスも実現したとしている。

 

こちらの新型エンジンは、テネシー州のデカード工場で生産される。

 

また、ロックアップ領域を拡大したエクストロニックCVTを採用、SRグレードではパドルシフトが選択可能となる。

 

 

■ダイナミック性能とシャシー制御

 

新型「アルティマ」では、「インテリジェント4×4」による全天候対応性能に加え、サスペンション、ステアリング、シャシーなどの制御システムを改良。

 

サスペンションに、モノチューブリヤショックアブソーバーを採用し、サスペンションジオメトリーを最適化した。

 

また、ステアリングシステムに、新しいデュアルピニオン電動パワーステアリング(DP-EPS)を採用。

操舵感を向上させ、ステアリングシステムのノイズを低減しながらステアリングフィードバックを向上させたとしている。

 

他にも、「インテリジェントライドコントロール(車体振動抑制システム)」や、「インテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)」、「ビークルダイナミクスコントロール(VDC)」も採用した。

 

ホイールとタイヤは、16インチと17インチの設定に加え、19インチを初めて採用。

SRグレードには、チューニングサスペンションとシャシーを採用し、スポーティな乗り心地とハンドリングを提供するとしている。

 

 

■エクステリアとインテリア

 

<エクステリアデザイン>

 

2017年の北米国際自動車ショーで初公開されたコンセプトカー「Vmotion 2.0」からインスピレーションを得た新型「アルティマ」は、従来モデルよりも低重心でワイドなスタンスと、ダイナミックになったプロポーションが特徴。

 

同社は、新型プラットフォームと、2種類の新型エンジンレイアウトによってこの独創的なデザインを実現したとしている。

 

 

具体的には、従来モデルに対し、1.1インチ車高を下げ、全長を1.0インチ長く、車幅を0.9インチ拡大。

ホイールベースを1.9インチ伸長し、リヤホイールをリヤエンドに近く位置させ、フロントオーバーハングを短くした。Cd値は、0.26を実現した。

 

 

また、ダーククローム仕上げを施したVモーショングリルに、デイタイムランニングライトを搭載したLEDプロジェクターヘッドライト、LEDフォグライト、スリムピラーのフローティングルーフ、シングルパネルのムーンルーフを採用。

 

カラーには、光の当たる向きや明るさで色合いが変わる、深みのある「スカーレットエンバーレッド」や、反射性顔料を用いた鮮やかな新色「サンセットドリフトオレンジ」など、エクステリアの特徴と彫刻的なディテールを際立たせる幅広いカラーを揃えたとしている。

 

 

<インテリアデザイン>

 

インテリアデザインには、薄く水平基調で軽やかなレイヤー表現と空間の広がりを感じさせる「グライディングウィング」デザインのインストルメントパネルに加え、ハイコントラストなカラーやトリムを採用。

デザインと素材のコーディネーションの両面においてラグジュアリー感を演出したと云う。

 

 

また「Apple CarPlay」と「Android Auto」に対応した「NissanConnectSM」を全グレードに標準で採用。

 

8インチのマルチタッチカラーディスプレイで操作する同システムは、Bluetooth対応の「ハンズフリーフォンシステム」と「オーディオストリーミング」、「ハンズフリーテキストメッセージアシスタント」を搭載するほか、音声認識機能「Siri Eyes Free」や「Google Assistant」にも対応している。

 

また、「NissanConnect」サービス専用のスマートフォンアプリを使って「Apple Watch」や「Android Wear」と連動させれば、遠隔操作でのエンジン始動・停止、ロック・ロック解除、バレットアラートのオン・オフなどが可能。

また、アマゾンの「Alexa Skill」にも対応している。

 

さらに、9つのスピーカーを搭載した「Boseプレミアムオーディオシステム」、8チャンネルのイコライザー設定機能を搭載した新型デジタルアンプと「アクティブノイズキャンセル」なども設定している。

 

 

■車種グレード

 

2019年モデルには、S、SR、SV、SL、Platinumと幅広いクレードを設定。2.5リッターエンジン(インテリジェント4×4を選択可能)を全グレードに設定し、SRとPlatinumグレードには2.0リッターVCターボエンジン(前輪駆動のみ)も設定した。

 

また、VCターボを搭載したPlatinumグレードをベースに開発した限定生産モデルも発売予定。限定モデルは今夏初旬から事前予約を開始する。

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。