NEXT MOBILITY

MENU

2018年5月22日【自動車・販売】

OKI、高速走行中の映像モニタリングが可能なシステムの実験に成功

NEXT MOBILITY編集部

 

通信機器等のメーカーである沖電気工業(以下、OKI)は、5月22日、NTTドコモと共同で、時速160kmの高速走行中の車両で広域エリアの映像モニタリングが可能なシステム「フライングビュー」のフィールド実験に成功したと発表した。

 

高速走行中の車両からの映像モニタリングを、全周囲かつ自由視点の広域エリアで行うことを可能としたこのシステムは、5G(第5世代移動通信方式)での展開を見据えて同社が開発したもの。

 

来るべき5Gの普及で期待されていることのひとつが、移動体からの大容量かつリアルタイムな映像配信。走行車両から送られた映像を集めることで、移動体での監視や情報収集などができる等さまざまな用途への活用が可能となる。

 

同社は、この点に着目し、用途の1つとしてモータースポーツの新しい観戦スタイルの実現を想定。ドコモの協力のもと、実際のサーキットを高速走行する車両への「フライングビュー」の可用性を今回の実験で確認した。

 

実験は2018年2月8日、富士スピードウェイにおいて行い、OKIは「フライングビュー」を、ドコモは車両と実験環境を用意し、当システムを搭載した車両を時速約160kmで走行させ、「フライングビュー」の映像取得が可能なことを検証した。

 

 

同社では、 今後もフィールドでの実証実験を重ねることで、5Gやコネクテッドカー社会の進展に向けた、フライングビュー映像の遠隔地モニタリングの展開に幅広く取り組んでいく予定だ。

 

<映像モニタリングシステム「フライングビュー」の概要>

・映像入力
カメラ1台当りの有効画像サイズ1280pixel、720line、30fps(ハイビジョンテレビ相当)の速度(人間の目に見える快適な速度、配信動画のフレームレート)で有効画像を全て取込むことが可能。

・映像合成
前後左右などの4台の魚眼カメラの映像をそれぞれ歪み補正し、カメラ映像を合成して仮想カメラ視点位置から見た俯瞰映像を生成。

・自車両モデルの描画
自車両モデルの3D描画を行い、仮想カメラ視点位置から見た車両の映像を生成。

・映像出力
HDMI(注4)インターフェースで有効画像サイズ1920pixel、1080line、60fps(フルハイビジョンテレビ相当)の速度(近年のゲーム機程度)で出力。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。