NEXT MOBILITY

MENU

2018年3月7日【カーシェアリング】

パーク24、新橋に国内2カ所目の路上カーシェアステーション

NEXT MOBILITY編集部

 

パーク24は、国土交通省が実施する「道路空間を活用したカーシェアリング社会実験」の対象ステーションとして、3月13日(火)に、国内2カ所目となる道路上のステーションを新橋にオープンする。パーク24・ロゴ この社会実験は、国土交通省が地下鉄駅に近接した箇所に道路上のカーシェアリングステーションを設置し、公共交通とカーシェアリングの連携強化による、公共交通の利用促進の可能性を検証するため、2016年12月20日から実施するもので、同社はカーシェアリング事業者として参加している。

 

その第一弾として、業務等の利用者が多い地下鉄大手町駅に近接した国道1号の道路上に、小型モビリティによるカーシェアリング用のステーションを設置。

 

大手町のステーションにおいてその有用性が確認されたことから、道路上へのカーシェアリングステーションの設置促進に向け、第二弾として、立地特性の異なる場所に新たにステーションを設置し、さらなる検証を行うとしている。

 

新たなステーションは、JR新橋駅から徒歩3分の国道15号の道路上に設置し、大手町のステーションと同様に、2015年4月から実施している超小型EVによるワンウェイトリップ方式のシェアリングサービスの実証実験「Times Car PLUS × Ha:mo」の1ステーションとして運用される。

 

 

「Times Car PLUS × Ha:mo」では現在、東京都心部(千代田区・中央区・江東区など)を中心に車両約100台、約100のステーションを展開しているが、JR新橋駅周辺にはステーションがなく、設置の要望が多く寄せられていたと云う。

 

同社は、今回の道路上へのステーション設置により、快適な移動手段として、さらに利用しやすくなるものと考えているとコメント。

 

パーク24は、「タイムズカープラス」を通じて様々な機関と社会実験等を行うとともに、公共交通と連携しやすい場所へのカーシェアリング車両の配備を進め、ストレスのない移動が可能な「快適なクルマ社会の実現」に向けて取り組んでいくとしている。

 

 

[新設ステーションの概要]

 

設置箇所:東京都港区新橋4丁目
     国道15号の道路上
    (東新橋一丁目交差点近く)
車室数:2

 

[社会実験の概要]

 

実施期間:2016年12月20日(火)~2019年3月下旬(予定)
実施箇所:①東京都千代田区丸の内1丁目 国道1号の道路上
     ②東京都港区新橋4丁目    国道15号の道路上
     ③東京都23区内の道路上(予定)
運営車両:COMS、i-ROAD(道路運送車両法で定める第一種原動機付自転車)
運営方法:ワンウェイトリップ方式
運営主体:道路空間を活用したカーシェアリング社会実験協議会
    (国交省、東京都、千代田区、港区、警視庁、有識者、地元代表者、パーク24)

 

[貸出システム]

 

■入会~利用方法

 

■出発~返却方法

 

[利用料金]

※i-ROAD の利用にあたっては、事前講習が必要。事前講習には、車両利用料金 1,080 円(消費税等込)がかかる。

 

 

タイムズカープラス HP : https://plus.timescar.jp/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。