NEXT MOBILITY

MENU

2020年11月24日【アフター市場】

ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京、開設調印会見

松下次男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

自動車業界随一のブランド体験が実現する世界で9番目の施設

 

 ポルシェジャパン(ミヒャエル・キルシュ社長、東京都港区)は11月24日、「ポルシェ・エクスペリエンスセンター(PEC)」東京」を来年夏後半に開設すると発表した。ポルシェがスポーツドライビングやブランド体験などが楽しめる施設として世界展開しているもので、PEC東京は9か所目の施設となる。(佃モビリティ総研・松下次男)

 

 PEC東京は千葉県木更津市に開設する。同日、森田健作千葉県知事、渡辺芳邦木更津市長、およびキルシェ社長の3者が施設を活用し産業振興や観光振興、環境保全に寄与する活動支援の覚書に調印するとともに、記者会見を開いた。

 

 

 PEC東京は2・1キロメートルの周回コースを持ち、ポルシェのスポーツカー性能を引き出すダイナミックエリア、オフロードなどの様々なトラックコンテンツを備える。敷地面積は43ヘクタールで、事業区域は13ヘクタールの広さ。

 

 キルシェ社長は「今年夏には、フル電動スポーツカー、タイカンの日本投入にあわせ、全く新しい小売り施設、ポップアップストアのポルシェ・ナウ・トーキョーを開設しコミュニケーションに機会を拡大した。今度は体験、感動を与える施設。安全性にも寄与する」とPEC東京を紹介した。

 

 

高低差の設計を活かしスポーツドライビングとブランド体験が楽しめる

 

 併設される建物では専属インストラクターによるポルシェの運転理論や技術の本格的なレクチャープログラムを実施するほか、ポルシェブランドが体感できるラウンジ、レストラン、本格的なレーシングシミュレーターなどを用意する。
さらに施設内には各種の研修が行えるミーティングルームやコーポレートイベントなどが開催できるエリアも併設し、様々な企業のビジネスニーズに対応させる。施設の設備は広く一般に貸し出す。

 

 

 周回コースでは、ドイツ・ニューブルクリンクのカルーセル、米ラグナ・セカのコークスクリューなどの有名コーナーを再現する。キルシェ社長は「高速道路では不可能なコーナリング体験を、インストラクターが丁寧に指導してくれる。言葉では体感の楽しさを語りつくせない。是非体験を」と述べた。

 

また、PEC東京は「他のPECにない、三次元(立体構造)トラックを備え、高低差がある3Dドライブが楽しめる」と強調する。
ポルシェのPECはこれまでに英シルバーストーン、米アトランタ、仏ル・マン、独ライプツィヒ、米ロサンゼルス、中国・上海、独ホッケンハイム、伊フランチャコルタ(2021年オープン予定)に開設されている。

 

 

PEC東京はこれらに次いで開設されることになったが、キルシェ社長は木更津市を選んだ理由について「木更津はとても美しい自然に囲まれた都市であり、環境保全に関わる活動とも両立できる」と説明した。

このため、PEC東京は元の地形を生かし、これまでのPECが二次元トラック(平面的)だったのに対し、唯一、三次元トラックを採用する。

 

 

木更津に選んだことを、森田千葉県知事、渡辺木更津市長は歓迎

 

併設の建物は、日本の伝統工芸品に江戸切子をモチーフにした外観デザインを取り入れ、矢来紋という斜めの線で構成された日本の伝統文様により、華やかなデザイン性や損傷、汚れなどを保護する伝統的な様式が生かされている。館内には、左官や日本庭園を連想させる輪のテイストも採用される予定だ。

 

 加えて、同施設の運営に当たっては高い次元で元の自然を生かすと強調。このため、千葉の自然環境保全条例規定に基づき、木更津市の立会いのもと「自然環境保全協定」を6月15日に千葉県と結んだ。

 

 

 ポルシェジャパンも日本独自で実施するCSR活動「ポルシェ・ドリームトゥギャザー」をPEC東京開設にあわせて発表。「夢を持つきっかけを提供」「夢を叶えることをサポート」「持続的な環境を行う」活動を展開する。
森田千葉県知事、渡辺木更津市長はPEC東京の建設先を木更津に選んだことを「歓迎する」と述べるとともに、産業振興、観光振興および環境保全活動の取り組みに「期待感」を示した。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。