NEXT MOBILITY

MENU

2018年1月31日【テクノロジー】

日産自動車のe-POWER技術、省エネ大賞・省エネルギーセンター会長賞

NEXT MOBILITY編集部

 

日産自動車は、省エネルギーセンター主催(経済産業省後援)の「平成29年度 省エネ大賞」で、同社「ノート」に搭載している新電動パワートレイン「e-POWER」の技術が、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞したことを発表した。

 

日産自動車・ロゴ

 

受賞した「e-POWER」技術搭載の「ノートe-POWER」は、ガソリンエンジンにより発電し、その電力を利用してモーターの力だけで走行する、新しい電動パワートレイン。

 

発電専用のエンジンは、効率良く集中的な発電を可能とし、無駄なエンジン始動をなくすことで燃費の消費を抑制した。

 

これにより、同等出力のガソリンエンジンに対して、燃費消費率が約30%向上(*1)。また、平成27年度燃費基準を97%上回っており、燃費はJC08モードで34.0km/L(*2)を実現した。

 

 

走行性能では、新感覚の走行モード「e-POWER Drive」により、アクセルペダルの踏み戻しだけで加速から減速までを行うことが出来る。加えて、停車寸前まで回生を行うため、燃費性能も向上している。

 

今回の「省エネルギーセンター会長賞」受賞は、これらの「e-POWER技術」がCO2排出量削減に寄与する、と評価されたとのことだ。

 

「ノートe-POWER」は、昨年10月には、発売から1年弱で販売累計10万台を達成。また、「ノート」は2017年暦年の国内販売において、コンパクトセグメント(*3)のランキングで1位を獲得している。

 

なお、日産自動車は、本年春には、ミニバンの「セレナ」にもe-POWERを搭載し発売するとしている。

 

*1:X DIG-S、MEDALISTとの比較

*2:e-POWER X、e-Power MEDALIST

*3:コンパクトセグメント:総排気量1600cc以下の小型・普通乗用車

 

 

「省エネ大賞」は、優れた省エネルギー推進事例や省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰するもので、省エネルギー意識の拡大、省エネルギー製品の普及促進等に寄与することを目的としており、広く優秀な事例を数多く表彰している。

 

なお、省エネ大賞の表彰式は、2月14日、東京ビッグサイトにて行われる予定だ。

 

ノートWEBカタログURL:
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。