NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月28日【カーシェアリング】

小田急とタイムズ24、駅構内に首都圏初のカーシェア無人入会機

NEXT MOBILITY編集部

 

 

小田急電鉄とタイムズ24は11月28日、両社が連携し提供する「レール&カーシェア」サービスの強化として、小田急線の経堂駅、登戸駅、海老名駅の駅構内に、首都圏鉄道会社で初となるカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の「無人入会機」を12月13日より設置すると発表。

 

また、現在小田急線沿線に13駅37台を展開している「レール&カーシェア」サービス対象車両を23駅(24箇所)58台へと順次拡大する。

 

 

両社が連携し2018年4月にサービスを開始した「レール&カーシェア」サービスは、交通系ICカード「PASMO」を利用して小田急線の指定駅まで乗車した後、小田急電鉄が保有する指定の駐車場からカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を利用すると、同サービスの料金が自動で割引されるというもの。

 

カーシェアリングを鉄道の二次交通手段として連携させることで、小田急沿線における移動をより便利することが目的だ。

 

 

今回のサービス強化に関する概要は以下の通り。

 

 

「無人入会機」設置場所

 

■無人入会機利用方法

 

「レール&カーシェア」指定駐車場(指定駅)・住所・台数 

※新規・増車は本年中に配備予定

*PASMOを利用して小田急線の上記指定駅まで乗車後、当日中に上記の指定駐車場のタイムズカープラスを
利用すると、利用料金が206円割引される

 

 

なお、タイムズカープラスの詳細は、下記URLの公式ホームページを参照されたい。

https://plus.timescar.jp/

 

 

ちなみに、小田急電鉄では、今回の「レール&カーシェア」サービスの連携強化を記念し、特急ロマンスカーの往復特急券・乗車券と「箱根ハイランドホテル」の宿泊券がセットになった旅行商品を抽選で5組10名様にプレゼントする、「カーシェアを使って当てよう!ロマンスカーで行く箱根の旅キャンペーン」を実施する。

 

【「カーシェアを使って当てよう!ロマンスカーで行く箱根の旅キャンペーン」概要

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。