NEXT MOBILITY

MENU

2018年4月3日【カーシェアリング】

トヨタとパーク24、東京都内でカーシェアリングのトライアルを開始

NEXT MOBILITY編集部

 

トヨタ自動車とパーク24は、東京都心の一部におけるカーシェアリングサービスの業務提携を開始。トヨタのモビリティサービスプラットフォーム(MSPF)を活用した新たなサービス開発を視野に入れたトライアル実施に関する合意書を締結した。

トヨタは、自動車業界が100年に1度の変革期にある中、クルマは従来の「所有」だけでなく、カーシェアリング等の「利活用」のニーズが高まっていると主張している。

 

両社はこれまで、すべての人が自由に楽しく移動できるモビリティ社会を実現したいという共通の志のもと、2015年4月からパーソナルモビリティを活用したシェアリングサービス「Times Car PLUS TOYOTA i-ROAD Drive」、「Times Car PLUS × Ha:mo」といった実証実験を実施するなど、新しい都市型交通ネットワークの構築による自由な移動の提供、低炭素で快適な都市・まちづくりへの貢献に取り組んできた。

 

 

今回の取り組みは、さらなる連携強化を視野に入れたトライアルの位置づけで、パーク24のカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の対象車両にトヨタの通信型ドライブレコーダー「TransLog」や、両社のカーシェアリング機器を搭載。

 

車両数2万台以上、会員数90万人以上を抱える「タイムズカープラス」の運営を通じてパーク24が構築したカーシェアリングサービスのオペレーションシステムをベースに、トライアルから得られた情報をMSPFの構築・機能拡充につなげるとともに、両社のノウハウを活かしながら、将来のモビリティサービス、および車載端末・システム開発に向けてトヨタとパーク24で検証を行うと云う。

 

両社は、これにより、車両の安全性向上、および車両メンテナンスの効率化・無人化の推進などにつなげていきたいとしている。

 

なお、4月に立ち上がるトヨタモビリティサービスも連携し、同取り組みを推進する。

 

トライアルに使用する車両は「TOYOTA C-HR」60台、期間は今年6月から2019年3月末までの10カ月間を予定しているとのことだ。

[トライアル実施概要]

 

期間:2018年6月~2019年3月末
検証事項:車両に搭載した車載器により各種情報を取得・活用し、オペレーション効率や安全性の変化について検証する。蓄積した情報はビッグデータとして管理し、情報分析にAIを活用することで精度・効率の向上を図る。
実施エリア:東京都内
導入車種:TOYOTA C-HR
台数:60台

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。