NEXT MOBILITY

MENU

2018年12月7日【自動車・販売】

ボルボ XC40、第39回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考会が、12月7日(金)に東京国際交流館で行われ、投票の結果、日本カー・オブ・ザ・イヤーに「ボルボ XC40」が選出された。

 

ボルボ車の受賞は、昨年の「XC60」に続いて2年連続。輸入車が2年連続で受賞するのは、同賞の歴史では初となる。

ボルボ・ロゴ

授賞の理由について、選考委員からは、以下ようなコメントが寄せられている。

 

「日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズで、カジュアルかつスポーティなスタイリングを実現。インテリアは上質な北欧デザインで収納スペースも充実していて機能性も高い。そして走行フィールはスポーティさと快適性をきわめて高いレベルで両立したもので、気持ちよくドライビングを楽しめる。さらに高度な安全装備を全車標準しているところも高く評価した」。

 

 

XC40は、新開発の小型車向け新世代プラットフォーム「CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)」を採用したボルボ初のコンパクトSUV。欧州においても、ボルボ初の「欧州カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、日本国内では、今年3月の発売以来、受注台数は計画比 2.7倍の4,000台を超えるセールスを記録している。

 

 

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長の木村隆之 氏は、今回の受賞について次のように述べている。

 

「2年連続の大混戦を制してXC40がカー・オブ・ザ・イヤーを受賞することが出来ました。昨年のXC60の受賞は、XC60のみならず2016年導入のXC90から始まる新生ボルボに対する受賞と受け止め、ボルボブランドの完全復活宣言をしました。

 

安全に加えて、デザインと質感、走りにおいて北欧プレミアムを確立したと考えています。今年のXC40はさらにボルボのプレミアムを進化させたと思います。プレミアムブランドらしく、ヒエラルキーではなくライフスタイルに合わせてクルマやグレードが選べます。

 

2年連続の輸入車・ボルボが受賞ということで、様々なご意見があるかもしれませんが、10年後に受賞車として振り返ってみてもXC40の新しいコンセプトやデザインは受賞にふさわしい車だったと皆様に言っていただけると確信しております。」

 

 

10ベストカー(※)の得点結果と順位は、以下の通り。

 

 

[得点表]

 

1位:ボルボ XC40(ボルボ・カー・ジャパン)、363点

 

2位:トヨタ カローラ スポーツ(トヨタ自動車)、314点

 

3位:フォルクスワーゲン ポロ(フォルクスワーゲン グループ ジャパン)、197点

 

4位:トヨタ クラウン(トヨタ自動車)、170点

 

5位:ミツビシ エクリプス クロス(三菱自動車)、156点

 

6位:マツダ CX-8(マツダ)、111点

 

7位:アルファ ロメオ ステルヴィオ(FCAジャパン)、106点

 

8位:BMW X2 (ビー・エム・ダブリュー):47点

 

9位:ホンダ クラリティ PHEV(ホンダ):36点

 

※:スバルが、完成検査の不正問題から「フォレスター」の10ベストカー受賞を辞退したため、全9台から選考された。

 

 

カー・オブ・ザ・イヤーの他、部門賞には、イノベーション部門にホンダの「ホンダ クラリティ PHEV」、エモーショナル部門賞にビー・エム・ダブリューの「BMW X2」、スモールモビリティ部門賞にダイハツの「ダイハツ ミラ トコット」、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会特別賞にトヨタ自動車の「TOYOTA GAZOO Racing」とホンダの「HONDA N-VAN」が選ばれた。

 

なお、今年は日本カー・オブ・ザ・イヤーに輸入車が選ばれたため、インポートカー・オブ・ザ・イヤーは選出は行われなかった。

 

 

■(ボルボ・カー・ジャパン)XC40:https://www.volvocars.com/jp/cars/new-models/xc40

 

■日本カー・オブ・ザ・イヤー:http://www.jcoty.org/

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。