NEXT MOBILITY

MENU

2018年9月13日【新型車】

ヤマハ発、新型3輪バイク「NIKEN(ナイケン)」発売

NEXT MOBILITY編集部

 

ヤマハ発動機は、845cm3 水冷・直列3気筒エンジン搭載のLMW(※1)の新製品、「NIKEN(ナイケン)」を受注発売し、9月13日から全国の「NIKEN」取扱店(※2)で、予約受付を開始する。

ヤマハ発動機・ロゴ

「NIKEN」は、「TRICITY」に採用されたLMW(※3)テクノロジーに、専用開発した“新ステアリング機構”を採用。LMWならではの安定感に加え、スポーティーで滑らかな旋回性や、自然な操舵性を実現したと云う。

 

また、運転支援のための、各種制御技術を投入。デザイン面においては、独自のメカニズムを活かした未来的なスタイルで“攻めのLMW”を表現したとしている。

 

※1:LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。

※2:「NIKEN」取扱店=専用カリキュラムを受講した、「NIKEN」の予約の受付・販売およびアフターサービスを行う販売店。

※3:LMWテクノロジー=パラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構で軽快感と安定感の両立に貢献する技術。

 

 

 

[主な特徴]

 

■ 新ステアリング機構

 

スポーティな旋回性と安定感を両立させるため、「TRICITY」の機構を進化させた新ステアリング機構「LMWアッカーマン・ジオメトリ(※4)」を採用。

 

外側片持ちフロントサスペンション(倒立式/タンデムフォーク)、410mmトレッド、2軸ステアリング機構により、45度のバンク角を実現した。

 

また2軸ステアリング機構により、前後重量配分は約50:50となっている。

 

※4:LMWアッカーマン・ジオメトリ=リーンし、なおかつ内外輪差が生まれるフロント2輪が、常に旋回方向を向く設計を成立させ、同心円を描く滑らかな旋回が可能とするヤマハ独自の構造。

 

 

■ ハイブリッド・フレームとディメンション

 

フレームには、工法と材質(アルミ&スチール)を使い分けたハイブリッド・フレームを採用。リアアームは、アルミ鋳造+パネル溶接とした。またディメンジョンもトレッド、キャスター、リアアーム長などを整えた。

 

■専用開発の15インチVレンジフロントタイヤ

 

優れたグリップ性、耐摩耗性、ウエット性能が特徴のタイヤメーカーとの共同開発、「NIKEN」専用 120/70 R15のVレンジタイヤをフロントに採用した。

 

■ 新メカニズムを活かしたスタイリング

 

スタイリングは、“New Type of Agility & Controllability”をコンセプトに、フロント2輪とタンデムフォークのフロントサスペンションをタイヤの外側に配置した新メカニズムの組み合わせを活かしたデザインとした。

 

カラーリングは、ダークグレーメタリック色を基調に、ヤマハレーシングスピリットを示すブルーをホイールなどに配している。

 

 

■ クランク慣性モーメントを最適化したエンジンとFIセッティング

 

845 cm³水冷 4 ストローク・直列3気筒・FI(YCC-T ※5)の軽量エンジンを搭載。現行の「MT-09」用エンジンをベースに、クランク慣性モーメントの最適化(「MT-09」比 18%増)、およびFIセッティングを施した。

 

また、トランスミッションには「YZF-R1」と同じ、強度に優れた素材を採用した。

 

※5:YCC-T(Yamaha Chip Controlled Throttle)=ヤマハ電子制御スロットル

 

■ その他、運転を支援する装備

 

唐突なエンジンブレーキの発生を解消するアシスト&スリッパークラッチや、シフトアップ操作を支援するクイックシフトシステム、3つのエンジン特性を選べるD-MODE(走行モード切替システム)、スムーズな走行性を支えるトラクションコントロールシステム、クルーズコントロールなどを装備している。

 

 

[NIKEN 主要仕様諸元]

 

*1:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。

*2:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。

*3:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

 

■(ヤマハ発動機)LMWテクノロジー2018実証テスト:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/lmw/technology/

 

■(ヤマハ発動機)NIKEN:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/niken/

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。