NEXT MOBILITY

MENU

2021年1月28日【イベント】

「LEXUS DESIGN AWARD 2021」の入賞作品発表

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

レクサスは1月28日、全世界の次世代を担うクリエイターを育成・支援することを目的とした国際デザインコンペティションLEXUS DESIGN AWARD 2021の入賞作品6作品を決定したと発表した。

 

通算9回目を迎えるこのアワードに対し、世界66ヶ国/地域から2,079点の応募があり、総応募数は4年連続で過去最多を記録。

 

応募作品は、より良い未来を創造するためにLEXUSが掲げる3つの基本原則「Anticipate(予見する)」、「Innovate(革新をもたらす)」、「Captivate(魅了する)」をいかに具現化しているかという視点で選定されている。

 

LEXUS DESIGN AWARD 2021の審査員を務めるグレッグ・リン氏は、今回の審査について次のようにコメントしている。「2020年は気候変動や世界規模の感染症が発生した未曽有の年でしたが、変化の多い現代から未来を見据え、起こりうる課題に対応する作品が多数集まりました。入賞6作品に限らず、全体を通して特に人間らしさや個人の想いが詰まった作品が多かったことが、印象的でした。」

 

6組の入賞者は1月中旬、世界の第一線で活躍するジョー・ドーセット氏、サビーネ・マルセリス氏、マリアム・カマラ氏、スプツニ子!氏の4名のメンターによるオンラインワークショップに参加。ワークショップを振り返り、マリアム・カマラ氏は「非常に刺激的なワークショップであり、前向きで社会貢献度が高い入賞作品に感心しました。生活様式が様々に変わり始めている今、入賞者の視点と感受性は未来に希望をもたらすものだと感じています。それぞれが情熱を持ってプロジェクトに取り組んでおり、最終的なアウトプットをより強化していくために課題を深く掘り下げ、必要なリサーチをしようとする高いモチベーションがあります。リモートではありましたが、オンラインツールの活用と入賞者の準備により、活発な議論ができ、私自身も楽しむことができました。今後の数ヶ月間で、入賞者がどのように作品を進化させていくのか、とても楽しみです。」とコメントしている。

 

入賞者はワークショップを皮切りに約3ヶ月の間、メンターの継続的な指導を受けながら自身のアイデアを具現化したプロトタイプを制作。2021年4月に最終アイデアを審査員に向けてプレゼンテーションし、グランプリが選定される予定だ。

 

■LEXUS DESIGN AWARD
https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_award/

 

■LEXUS DESIGN AWARD 2021 受賞作品概要

 

– CY-BO / 名阿部 憲嗣(日本)

 

 

– Heartfelt / ゲイル・リー(ニュージーランド/活動拠点:ニュージーランド)&ジェシカ・ヴェア(トンガ/活動拠点:ニュージーランド)

 

 

– InTempo / アリーナ・ホロヴァチュク(ウクライナ)

 

 

– KnitX / イルマンディ・ウィチャクソノ(インドネシア/活動拠点:米国)

 

 

– Solar Desalination Skylight / ヘンリー・グロガウ(ニュージーランド-オーストリア/活動拠点:デンマーク)

 

 

– Terracotta Valley Wind / Intsui Design(シンガイ・カク、ホカ・セイ、イチライ・ロ、ウ・チョウ)(中国/活動拠点:日本)

 

 

■LEXUS DESIGN AWARD 2021 審査員
– パオラ・アントネッリ(Paola Antonelli)
ニューヨーク近代美術館(MoMA)建築・デザイン部門シニア・キュレーター
– ドン・ゴン(Dong Gong)
建築家/ヴェクター・アーキテクツ代表・創設者
– グレッグ・リン(Greg Lynn)
建築家/ピアジオ・ファストフォワード最高経営責任者
– サイモン・ハンフリーズ(Simon Humphries)
Head of Toyota & Lexus Global Design
– ジョー・ドーセット(Joe Doucet)
デザインエンジニア/ジョー・ドーセットXパートナーズ代表
– マリアム・カマラ(Mariam Kamara)
建築家/アトリエマソミ代表
– サビーヌ・マルセリス(Sabine Marcelis)
デザイナー/スタジオ・サビーヌ・マルセリス創立者
– スプツニ子!(Sputniko!)
アーティスト/デザイナー/東京藝術大学デザイン科准教授

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。