NEXT MOBILITY

MENU

2018年8月8日【テクノロジー】

マツダ、サウジアラムコ社+産総研で内燃機関効率化研究を開始

NEXT MOBILITY編集部

 

マツダは、8月8日、サウジアラムコ社(Saudi Aramco)および産業技術総合研究所(産総研)と、内燃機関の効率化とCO2排出量低減の有効性の検証に関する共同研究を開始すると発表した。

マツダ・ロゴ

研究では、サウジアラムコ社が燃料採掘から精製過程でより低CO2排出となる燃料を開発し、マツダと産総研はその燃料を使用する高効率なエンジンに関する研究開発を行う。

 

マツダはこの取り組みで、燃料採掘から車両走行までを通したWell-to-Wheel視点での効果的なCO2低減技術の開発などの成果が期待できるとしている。

 

 

マツダは、2017年8月発表の「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づき、燃費の良い(CO2排出量の少ない)Tank-to-Wheel視点による内燃機関や、クルマを開発するのみならず、燃料採掘から車両走行まで視野に入れたWell-to-Wheel視点での総CO2排出量に着目し、地球環境負荷軽減に努めている。

 

この研究を通じてマツダは、低CO2排出技術をさらに追究し、「すぐれた環境安全性能」と「走る歓び」を両立したクルマをグローバルに提供し、さらなる省資源化や地球環境保護への貢献をめざすとしている。

 

[共同研究の概要]

 

研究テーマ:「低CO2燃料の開発および当燃料を使用する内燃機関の研究」
実施体制:サウジアラムコ社、産総研、マツダ

 

 

■サウジアラムコ:
http://www.saudiaramco.com/en/home.html

 

■産総研:
http://www.aist.go.jp/

 

■マツダの「環境への取り組み」:
http://www.mazda.com/ja/csr/environment/

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。