NEXT MOBILITY

MENU

2017年11月6日【経済・社会】

独ポルシェ、ペーター・シュッツ氏の逝去を受け哀悼の意を表明

NEXT MOBILITY編集部

 

ドイツ・ポルシェは、元最高経営責任者のペーター・シュッツ氏(Peter W. Schutz)が10月29日に逝去(享年87歳)したことを受け、11月6日、哀悼の意を表明した。

 

ポルシェは、「伝説の名車となった911の価値を維持しただけでなく、911カブリオレの北米市場への投入を成功させたペーター・シュッツに感謝の意を表します。」とコメントしている。

 

ポルシェ・ロゴ

 

1980年にポルシェが初めて赤字に転落したことを背景に、1981年1月、シュッツはポルシェの最高経営責任者に就任、就任3週目にして911の製造調整の見直しを決定したと云う。

 

ポルシェ曰く、「その判断の正しさは、50年以上の歴史をもつ911が比類なきスポーツカーとして地位を確立していることからも窺い知ることができます。911はポルシェのフラッグシップモデルとして世界中のファンを魅了し続け、他のスポーツカーと一線を画す存在となっています。」と振り返る。

 

シュッツ氏は、戦略的再編を断行しただけでなく、911カブリオレの導入に続き、944ターボ、944 S、944 S2とそのカブリオレバージョンを発表、トランスアクスルの一時代を築くなど、ポルシェのモデルラインナップの拡充にも力を注いだ。

 

1982年のル・マンでは、ほぼすべてのクラスにおいて1位から5位までを独占、新記録を打ち立るなど、モータースポーツにおいても実績を残した。

 

1985年にはフランクフルトモーターショーで911の後継車となる959を発表するなどした。

 

 

シュッツ氏はまた、売上を3倍に伸ばして経営を黒字復帰に導き、その後5年の間、ポルシェは右肩上がりの成長を続けた。しかし、1980年後半の経済危機の影響を受け、80年代の好調な業績は終焉。対米輸出の減少に伴う北米での販売不振が経営に響き、1987年、シュッツ氏はその責任を取って、最高経営者としての職を退いた。

 

その後、翌1988年に米国フロリダ州ネイプルズに戻り、逝去するまでこの地で過ごしたと云う。

 

そして、ペーター・シュッツ氏は妻と1人の娘、2人の息子を残し、生涯の幕を下ろした。

 

 

※最後に、編集部より、ペーター・シュッツ氏のご逝去を悼み、心からのご冥福をお祈り申し上げます。

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。