NEXT MOBILITY

MENU

2018年3月28日【経済・社会】

国交省、ETC2.0可搬型路側機を初設置。鎌倉エリアの観光渋滞向けデータを取得

NEXT MOBILITY編集部

 

国土交通省は、3月28日、全国初のETC2.0可搬型路側機を鎌倉に設置し、エリア観光渋滞対策に向けデータ取得を開始すると発表した。

国土交通省・ロゴ

国交省は現在、ICT・AI等の革新的な技術を活用し、警察や観光部局とも連携し、エリアプライシングを含む交通需要制御など、エリア観光渋滞対策への取り組みを進めている。

 

平成29年9月には、その実験実施地域として鎌倉市を選定し、有識者や地元関係者等とともに、既存のETC2.0等を活用した広域的な渋滞発生状況の分析に着手。

今回、鎌倉市の若宮大路に、全国で初めてETC2.0可搬型路側機を設置する。

 

同省は、これにより、エリアプライシングを含む鎌倉エリアの観光渋滞対策の検討を進める上で必要となる地域内の詳細な車の流動(位置、速度、急ブレーキ、経路等のプローブ情報)や、鎌倉市内に流入する車両のETC車載器の搭載車数のデータを、機動的に収集することが可能となるとしている。

 

[鎌倉市内への機器設置について(設置概要)]

 

運用開始:平成30年3月30日開始予定
設置箇所:神奈川県鎌倉市由比ガ浜2丁目
設置機器:ETC2.0可搬型路側機1基

 

 

[ETC2.0可搬型路側機について]

 

○ 既存支柱に簡単に設置・撤去が可能であり、一定期間の調査に最適
○ ETC2.0車載器のプローブ情報に加え、ETC車載器の情報も収集可能(※)

 

 

※ ETC車載器の情報収集とETC2.0車載器の情報収集の機能を切り替えることが可能

 

[ICT・AIを活用した観光渋滞対策]

 

観光地周辺で広域的に発生する渋滞を解消し、回遊性が高く、円滑な移動が可能な魅力ある観光地を創造するため、ICT・AI等の革新的な技術を活用し、警察や観光部局とも連携しながら、エリアプライシングを含む交通需要制御などのエリア観光渋滞対策の実験・実装を推進・支援する。

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。