NEXT MOBILITY

MENU

2021年7月14日【イベント】

日産、プロドライバーの脳機能研究プログラムを開始

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

日産自動車は7月14日、日産のフォーミュラEドライバーであるセバスチャン ブエミとオリバー ローランドを対象に、脳機能および脳構造の研究をもとにトレーニングを開発するプログラムを開始したと発表した。

 

 

日産「ブレイン・トゥ・パフォーマンス」と名付けられたこのプログラムは、高精度な脳の撮像データを解析することで、高いパフォーマンスを発揮するプロドライバーの脳機能を、解剖学的な見地から明らかにすることを目的としている。

 

プログラムの第一段階では、フォーミュラEドライバーの脳機能を詳細に分析・テストし、レーシングドライバーではない平均的なドライバーのグループと比較。脳を電気的に刺激する独自のドライバートレーニングプログラムを開発し、ドライバーのパフォーマンスを向上させることを目指す。

 

 

■主要研究領域の概要
1.日産のフォーミュラEドライバーと一般的なドライバーの脳機能の比較と違いの観測。
ドライバーの様々な脳活動のデータを集積することで、電気信号が脳に与える影響を観測する。

 

2.脳を電気的に刺激することで、プロドライバーの脳を強化し、サーキットでのパフォーマンスを向上させる可能性。
脳の通常時の活動を把握し、脳を電気的に刺激するオーダーメイドのトレーニングプログラムを開始。結果をモニターし、フィードバックする。

 

3.ブレイン・コンピュータ・インターフェース・トレーニングを活用した一般ドライバーの運転技術向上の可能性。長期的には、トップレベルのドライバーが体感するワクワク感や集中力の持続に焦点を当て、日産の未来のEV開発へ反映することを検討。
ドライビングエクスペリエンスを向上させる生体信号の理解を深め、直感的でワクワクするようなEVの開発に役立てることを検討する。

 

 

 

 

 

日産のグローバル モータースポーツ ダイレクターであるトマソ ヴォルペは語った。「日産には、『他がやらぬことを、やる』という精神があります。今回の画期的なプログラムはこれまでなかったもので、レーシングドライバーの脳機能を理解することで、サーキットでのパフォーマンスさらに向上させることを目指しています。高度な脳機能分析とトレーニングによって、ドライバーのパフォーマンスを向上させることができたら何が起こるのか。フォーミュラEのレースではコンマ1秒が勝敗を分けます。日産の最先端の研究チームが、すでに高いパフォーマンスを発揮しているブエミとローランドの脳機能をどのように向上させられるか、期待しています」

 

 

脳の分析とトレーニングの分野における第一人者で、人と日産車の関係をより良いものにするための研究を続けているルチアン ギョルゲは次のように述べている。「私たちの脳は驚くほど強力です。私たちがそのことを意識することはありませんが、脳はクルマを運転する瞬間毎に多くの重要な機能を働かせています。高度な訓練と経験を積んだ日産のフォーミュラEドライバーは、常により速いラップタイムを求めて、強いプレッシャーの中、高速で脳機能を働かせています。日産の『ブレイン・トゥ・パフォーマンス』プログラムでは、脳の電気信号がどのようにドライバーの行動を可能にしているのかを明らかにする予定です。そして可能であれば、オーダーメイドの脳トレーニングによって、彼らのパフォーマンスをさらに向上させたいと考えています。将来的にこの最先端の研究が、平均的なドライバーの運転技術を向上させたり、市販EVの開発にも役立つかもしれません。そう期待しています」

 

 

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。