NEXT MOBILITY

MENU

2019年1月26日【トピックス】

関越道の大泉JCTでトンネル掘削機・シールドマシンの発進式

NEXT MOBILITY編集部

 

 東京外かく環状道路(外環道)の関越自動車道(関越道)と東名高速道路(東名高速)を結ぶ、トンネル掘削機・シールドマシンの発進式が1月26日、関越道の大泉JCT(東京都練馬区)で行われた。

 

トンネル工事は、2年半をかけて7kmを掘削する。東名高速側からの掘削工事は2年前に着工しているが開通時期は未定としている。

 

 

 シールドマシンは、直径16mで国内最大の規模を誇る。工事は、2基のシールドマシンで地下約40mに南・北行の二つのトンネルを掘削し、片側3車線の計6車線を構築する。

 

また、掘削土砂は、既存の外環道中央部分にベルトコンベヤを設置し、約6㌖先の和光市に運搬。予定土量は約240万m2、10トンダンプで約50万台分、1日最大2千台分となる。和光市の仮置き場に土砂を運搬することで、交通量の多い大泉周辺の交通負荷を軽減する。

 

 同区間が開通すると、関越道・大泉JCTから東名高速・東名JCTまでの所要時間は、既存の環状8号線利用で60分が、約4分の1の12分と大幅に短縮される見込みだ。

 

この区間は当初、高架式で計画されていたが、地上部への影響を小さくするため、2007年に地下方式に都市計画を変更した。工事は国土交通省、東日本高速道路、中日本高速道路の共同事業で行われる。

 

 

 発進式には、石井啓一国土交通大臣や小池百合子都知事、関係者ら約200人が参加した。石井大臣は「外環道の東京区間は関越道、中央道、東名高速という国土の大動脈を6車線の地下道で直結し強力なネットワークとなる。

 

また、環状8号線など周辺道路の混雑緩和や地域の交通安全に寄与するものと期待している。また、湾岸部までつなぐ東名高速以南の計画の具体化も進めて行く」と述べた。小池都知事は「外環道は首都圏の交通や物流の大幅な効率化に資するものだ。また、災害時の避難や救急活動への有効な選択肢が増える」と語った。(佃モビリティ総研・片山雅美)

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。