NEXT MOBILITY

MENU

2018年3月30日【環境/エネルギー】

住友電工、原燃工の全株式を東芝に譲渡

NEXT MOBILITY編集部

 

住友電気工業は、3月30日、原子燃料工業(原燃工)の発行済株式の内、同社が保有する24%全てを、東芝の子会社、東芝エネルギーシステムズ(ESS社)に譲渡すると発表した。

 

株式の譲渡は、2018年度第1四半期までに完了する予定だと云う。

住友電気工業・ロゴ

原燃工は、1972年、住友電工と古河電気工業(古河電工)との折半出資会社として設立。

PWR(加圧水型原子炉)/BWR(沸騰水型原子炉)二種類の軽水炉燃料を製造できる国内唯一の総合原子燃料加工メーカーとなる。

 

住友電気工業は、東芝と、原燃工が今後も高品質の原子燃料を安定的に供給、事業のさらなる発展を目指すとの観点で協議を進めた結果、今回、同社保有分を含めた原燃工の全株式を東芝が取得、100%連結子会社とすることに合意。

同様に原燃工の株式を保有してきた古河電工とともに、ESS社との株式譲渡契約を締結したとしている。

 

[原子燃料工業株式会社の概要]

 

(1)名称:原子燃料工業株式会社
(2)所在地:東京都品川区東品川2丁目2番4号
(3)代表者の役職・氏名:代表取締役社長 北川 健一
(4)事業内容:
 軽水炉(PWR/BWR)用原子燃料の開発・設計および製造
 軽水炉(PWR/BWR)の炉心管理サービス
 新型炉 HTR その他研究炉用燃料の開発・設計および製造
 原子燃料サイクル関連技術開発
 原子燃料関連検査装置等の設計および製作
 電子線照射サービス(滅菌/材料改質等)
(5)資本金:10億円
(6)設立:1972年7月
(7)大株主及び持株比率:
 ウェスチングハウスエレクトリック英国ホールディング社 52%
 住友電気工業株式会社 24%
 古河電気工業株式会社 24%

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。