NEXT MOBILITY

MENU

2021年2月23日【MaaS】

トヨタ、未来の実証都市「Woven City」地鎮祭を実施

坂上 賢治

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

MaaS実証都市「ウーブン・シティ(Woven City)」、東富士で着工

 

 トヨタ自動車と、トヨタグループ傘下でモビリティ事業の開発を担うウーブン・プラネット(ウーブン・プラネット・ホールディングス)は2月23日の11時から、「ウーブン・シティ」の建設を進めるべくTMEJ(トヨタ自動車東日本)東富士工場跡地(旧車両ヤード)で地鎮祭を実施した。

 

 

実施当日は、川勝平太静岡県知事や髙村謙二裾野市長など地元関係者を来賓に迎え、トヨタの豊田章男社長、ウーブン・プラネットのジェームス・カフナーCEO、TMEJの宮内一公社長などの関係者が出席。本格的に開始される建設工事の安全を祈願した。

 

 

 トヨタ自動車の豊田社長はこの中で、「本日、地鎮祭を迎えるにあたり、これまで多大なるご支援、ご協力を賜りました裾野市、静岡県及び地域の皆様、そして工事関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

コロナ禍の中に於いて、決めた事を決めた通りに進めるという事は決して簡単な事ではないと思います。この場を借りて、関係者の皆様のご尽力に心より感謝申し上げます。

 

 

昨年12月9日。地域の皆様にお支え頂きながら、この地で生産を続けて参りましたトヨタ自動車東日本の東富士工場が53年の歴史に幕を閉じました。

 

ここで働いてきた人は7千人。この場所に毎日、1400万歩の足跡を残したことになります。これまでに生産した車は752万台。センチュリーからジャパンタクシーまで、多種多様なクルマを世の中に送り出して参りました。まさに日本のモータリゼーションをけん引し、人々の暮らしを支え、クルマ文化を作ってきた工場だったと思います。

 


東富士工場で生産する最後のクルマとなったJPNタクシー

 

 そんな東富士工場のDNA。それは、たゆまぬカイゼンの精神であり、自分以外の誰かのために働く〝YOU〟の視点であり、多様性を受け入れる〝ダイバシティ&インクルージョン〟の精神です。
これらが〝人中心の街〟〝実証実験の街〟〝未完成の街〟というウーヴンシティのブレない軸として受け継がれて参ります。

 

それは〝東富士工場の歴史を、この町の未来につなげたい〟〝地域の皆様から愛され、頼りにされる、この町いちばんの会社になりたい〟という私たち全員の想いであり、これから先も、決して変わることはございません。

 


東富士工場生産第1号のマークⅡバン

 

これからも、地域の皆様と共に、未来に向けた歩みを進めて参ります事をお約束して、私の挨拶とさせて頂きます」と述べた。

 

 続いて宮内TMEJ社長は、「私共の東富士工場が、これまで53年間に亘り、地域の皆様に支えられ、この地で生産を続けられました事について心より御礼申し上げます。

 

この工場で働き、日本の自動車産業の隆盛を支えてきた多くの先輩たちの学びを、私たちは次の時代に引き継いでいかなければなりません。

 

そうした意味を踏まえ、ウーブン・シティは更地の上ではなく、東富士工場の歴史の上にできる。この言葉を胸に、今後も最大限の協力をして参りたいと思います」と語った。

 

 昨年の2020年1月、米国・ラスベガスで開かれたCES2020で、豊田章男トヨタ社長が登壇してウーブン・シティの建設を発表した。同プロジェクトは、未来の人々の暮らしを支えるあらゆるモノやサービスが情報で繫がっていく時代を見据え、ヒト中心の街づくりの実現・実証を目指すプロジェクトだ。

 

そこでは、トヨタが自動車会社からモビリティカンパニーへの変革を目指すため、自動運転、パーソナルモビリティ、ロボット、さらにそれを包括する人工知能(AI)技術をリアルな街の中で実証していく。

 

そのために世界中から企業や研究者を募り、多彩なサービスに係るPDCAサイクルを素早く回すことで、これまでになかった新たな価値やビジネスモデルを生み出し続けることを目指す。

 

 より具体的には、街の地上に自動運転モビリティ専用と歩行者専用。さらに歩行者とパーソナルモビリティが共存する3種の道を網の目のように織り込み、地下にはそれらに加えもう1本、モノの移動用の道を造る。

 

 

その道路・遊歩道の編み目の織り込むように高齢者や子育て世代の家族、先の研究・発明者を中心に当初は360人程度。将来的にはトヨタの従業員を含む2000人以上の住民が暮らす環境を構築していく構えだ。

 

なお以下は2018年7月当時、閉鎖が決まったTMEJ東富士工場に於いて、豊田社長が従業員との直接対話を設けた時に語った自動車公表の映像である。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。