NEXT MOBILITY

MENU

2021年5月2日【イベント】

トヨタ、WEC2021の開幕初戦で総合優勝を獲得

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで5月1日、2021FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦・スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースが行われ、トヨタ自動車傘下のTOYOTA GAZOO Racingから出走した「GR010 HYBRID」8号車が初勝利を挙げた。7号車も3位で6時間を走り抜き、2台揃って表彰台のポディウムに登った。

 

今季WECでハイパーカークラスへの参戦を決めたトヨタ。しかし開幕当初のフリープラクティスでは、技術的なトラブルに見舞われるなどで芳しいラップタイムを刻む事が出来ずに終えた。

 

 

そして迎えた予選セッションでは、 7号車(マイク・コンウェイ・小林可夢偉・ホセ・マリア・ロペス組)のステアリングを握った小林可夢偉選手が予選アタックを担当して2分0秒747のポールポジションを獲得。これに8号車(バスチャン・ブエミ・中嶋一貴・ブレンドン・ハートレー組)の予選担当となった中嶋一貴選手が0.519秒遅れの2番手タイムとなり、2台のGR010 HYBRIDは決勝グリッドの最前列に並んだ。

 

 

決勝日の午後1時半、ポールポジションの7号車が出場車両31台の先頭を切ってスタート。その後にブエミの8号車が続く。その8号車は11周目に7号車をかわし首位に浮上。その後方にアルピーヌ36号車が離れることなく追走する形となった。

 

 

この後の最初のピットストップで、先にピットインした7号車はピットアウト時に手間取りタイムロス。さらに8号車は、給油時に最低35秒間給油ノズルを刺していなければならないという規則があったにも関わらず早く給油ノズルを抜いてしまった事で、次回ピットストップ時に30秒間停止のペナルティを科されてしまう。

 

一方の7号車は、2回目のピットストップでコンウェイ選手からロペス選手へとドライバーチェンジを行ったのだが、このタイミングを機にアルピーヌの36号車が先行。このためレースが折り返しを迎えた頃、ロペス選手は首位36号車との差を数秒へ縮める勢いで猛追を開始した。対して30秒のペナルティを消化した8号車がその後方の3番手で続く展開に。

 

 

しかしトップに猛追していた7号車がコース上でGTクラス車と接触、車両前部にダメージを負う。この影響を引き継いだ小林選手は被ったロスタイムを縮めるべくスパートを掛けたのだが、残り2時間を切ったところでコースアウトしグラベルエリアの砂上でストップしてしまう。幸い車両は程なくオフィシャルに引き出されてレースに復帰したものの3位へと順位を落とす。さらに先のGTクラスとの接触で、ドライブスルーペナルティが科された事で優勝争いから遂に脱落した。

 

対して8号車のステアリングを握る中嶋選手は、徐々に首位の36号車との差を切り詰め、終盤前に36号車を抜く事に成功した8号車は、その後、着実な走りを披露。結果、2位36号車との1分7秒196差を守り切ってゴールラインを潜った。不運の7号車は、その両車のバトルから1周遅れの3位でフィニッシュした。次戦は来月、WEC初開催となるポルトガルに於いて「ポルティマオ8時間レース」が開かれる。

 

 

村田久武(TOYOTA GAZOO Racing WEC チーム代表)
今日のレースは、チームにとって予測のできないドラマチックな展開になりました。ハイパーカーが新たな時代の競争の激しいカテゴリーとなり、世界中のファンの皆様の期待に添えられることを望んでいました。今後も接戦が多くみられる、エキサイティングな展開となることを望んでいます。世界的に大変な時期にもかかわらず安全にレースできる機会を与えてくれたWECとレース主催者に感謝いたします。

 

我々はいくつかの難しい問題に直面しましたが、メカニック、エンジニア、またドライバーたちの大変な努力のおかげで、表彰台の中央で耐久レースの新時代を迎えることができました。レースウィーク中も困難な状況が多数ありましたが、チームは決してあきらめない姿勢を貫きました。実際に可夢偉は、コースを外れ、グラベルにスタックしてしまった後も、わずか数周でトップ車両を追い抜き、この姿勢を体現してくれました。

 

今日のレースは、我々の次世代レーシングハイブリッド技術の力強いスタートになりましたが、引き続きGR010 HYBRIDの改善を続け、学び続けていきます。 今回スパ戦は、決して順風満帆なレースウィークではありませんでしたが、ただ、改善すべき点を浮き彫りにできたので、次戦前、特にル・マン前までにしっかり対応をしていきます。

 

 

小林可夢偉(GR010 HYBRID #7)
スタートは良かったのですが、厳しいレースになってしまいました。コースアウトした際、タイヤをロックさせてしまいましたが、車両を何かにヒットさせることは避けられました。不運にもこの時にグラベル上で動けなくなってしまい、レスキューカーにコースに戻して貰うまで待たなければなりませんでした。

 

それまで我々のペースは良く、十分に勝利を狙える位置にいただけに残念です。今日は幾つかのトラブルがありましたが、まだまだGR010 HYBRIDの性能を最大限に引き出すための学習途上だと言うことがわかりました。いいパフォーマンスを示すことはできたと思いますが、幾つかまだ改善すべき点が残っています。

 

マイク・コンウェイ(GR010 HYBRID #7)
レース中盤まではとても順調だっただけに、このような結果に終わりとても残念です。幾つかのトラブルに見舞われ、優勝争いからは脱落してしまいました。ドライブスルーペナルティだけなら取り戻せた可能性もありましたが、可夢偉のコースオフで周回遅れになってしまったことで表彰台が精一杯でした。

 

我々はディフェンディングチャンピオンとして勝利でシーズンのスタートを切りたかったので、残念な結果ですが、みんな良くやってくれました。素晴らしいパフォーマンスを見せた8号車と、GR010 HYBRIDのデビュー戦で勝利を勝ち取るに値する仕事を成し遂げたチームに祝福を贈ります。

 

ホセ・マリア・ロペス(GR010 HYBRID #7)
まずチームとしての結果には満足しています。最初から決勝まで、浮き沈みの激しいレースウィークでしたが、重要なのはシーズンの開幕戦で、2台が表彰台に上がり、TOYOTA GAZOO Racingが勝利を挙げられたということです。8号車は素晴らしいレース展開をしていました。

 

我々7号車は、十分に勝てるペースだと感じており、レースでも序盤はやや優位に戦えました。しかし、幾つかのアクシデントでそれを失ってしまいました。GTカーとの接触は後悔しています。とても難しい状況でした。今日の結果からは学ぶべきことが沢山あります。我々には今日のレースで勝てるスピードがあったということをポジティブに受け止め、次戦以降も頑張ります。

 

 

中嶋一貴(GR010 HYBRID #8)
TOYOTA GAZOO Racingのハイパーカーでの最初のレースで勝てたことを誇りに思います。我々はチームとして決勝レースで本当に良い仕事ができたと感じています。チームと全てのクルーと共にこの勝利を祝いたいと思います。なかなか一筋縄ではいかないレースでしたが、ドライバーとしてやるべきことをこなしました。

 

コース上での追い抜きは非常に難しく、ミスをしやすい状況で、アルピーヌや何台かのLMP2カーといった強力なライバルと戦うのは容易ではありませんでした。そんな中で、ミス無く自分たちの役割を上手くこなすことができ、満足しています。一時はどうなるかと思っていただけに、素晴らしい結果です。

 

 

セバスチャン・ブエミ(GR010 HYBRID #8)
ハイパーカー時代の最初のレースで勝つことができて最高の気分です。このレースに臨むにあたっての、我々へのプレッシャーは大変なものでした。7号車がポールポジションを獲得し、8号車が勝てたというのは素晴らしいことですし、我々がそれを成し遂げられて本当に嬉しいです。

 

この大変な挑戦に向けて、チームはこの数週間ハードワークをこなし、多くのテストを重ねてきましたが、その全てがこの勝利で報われました。しかしまだまだ多くの面で改善が必要なことも分かっており、まだスタートは切られたばかりです。やるべきことは沢山あり、すぐにでも戻って作業を始めなければなりませんが、今日は少しだけ勝利を祝いたいと思います。

 

ブレンドン・ハートレー(GR010 HYBRID #8)
この新たなハイパーカー時代を勝利でスタートすることができて素晴らしい気分です。挑戦無くしてこの結果はありませんでした。ドライバーとしてはとにかくミスを犯さないことを心掛け、周回毎に学ぶことがありました。

 

GR010 HYBRIDでの、ダブルスティントの対応やコース上のトラフィック対処といった、昨年までのクルマよりもとても難しくなった課題についても、さらに理解を深めていかなくてはなりません。とはいえ、この初勝利は本当に嬉しいです。チャレンジングなレースでしたが、とても楽しめました。

 

 

TOYOTA GAZOO Racing
豊田章男チームオーナー
我々が日々続けているのは、もっといいクルマづくりです。
ドライバーが安心安全に、そして運転を楽しみながら、ゴールに到着できるようなクルマを目指しています。その中でも、スポーツカーはさらに “速さ” と “強さ” が必要だと思います。

 

FIA世界耐久選手権で、市販車により近いクルマで競うハイパーカークラスが始まりました。TOYOTA GAZOO Racingは、新たにGR010 HYBRIDというレースカーで、そのクラスに挑戦を始めました。週末に、その開幕戦となるスパ・フランコルシャン6時間レースが開催され、2台のGR010 HYBRIDが初めて耐久レースという厳しい道を走り始めました。

 

その初めての道でこのクルマに関わったメンバーたちは、GR010 HYBRIDの “速さ” と “強さ” の可能性を見せてくれたと思います。
1周のタイムを競う予選では7号車の小林可夢偉が2分0秒747という素晴らしいタイムでこのクルマの “速さ” を見せてくれました。

 

ポールポジションでスタートした7号車の可夢偉やホセ、マイクは途中のアクシデントもあり決勝では3位となりましたが、一貴、セブ、ブレンドンの8号車はトップを走り続け6時間を走り切る “強さ” を見せてくれました。

 

何が起こるかわからない初レースで、このクルマの “速さ” と “強さ” の可能性を感じさせてくれた6人のドライバーたちとチームのメンバーに感謝したいと思います。

 

ただ、我々は “速さ” “強さ” “安心” “安全” その全てを今後も示し続けそして高め続けていかないといけません。レースはこれからも続きます。24時間レースもあります。

 

どんな道でも走り続けられるクルマづくりをこのまま続けていってもらいたいと思います。
そしてこのクルマで鍛えたものをお客様にお届けできるようにしてまいりたいと思います。

 

ファンの皆さま、初戦を見守っていただきありがとうございました。これからもTOYOTA GAZOO Racingのもっといいクルマづくりを見守っていただければと思います。皆様、宜しくお願いします。

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。