NEXT MOBILITY

MENU

2019年5月14日【シェアリングエコノミー】

トラストパークら、九州でキャンピングカーのリモートワーク実験

NEXT MOBILITY編集部

 

 

トラストパークが代表機関を務める九州周遊観光活性化コンソーシアムは、5月14日、ANAホールディングスやテルウェル東日本と連携し、東京都内在住者が九州3県(福岡、熊本、長崎)をキャンピングカーで移動・滞在しながらリモートワークを行う実証実験を行うことを発表した。

 

 

当実証実験は、総務省「IoTサービス創出支援事業」シェアリングエコノミー型九州周遊観光サービスモデル事業等で整備したWi-Fi環境がある車泊スペースにおいて、ANAと全国にWi-Fi対応自販機を展開しているテルウェル東日本が連携し、東京都内在住者からモニターを募り、「ホテルの寝室空間」をコンセプトとしたキャンピングカー(開発:株式会社RVトラスト)で移動・滞在しながらリモートワークを行うというもの。

 

 

主な目的は、地方都市の遊休地や不稼働時間帯の駐車場等に観光拠点として整備・展開している車泊スペースが、ワークスペースとして利用可能か否かを検証すること。

また、これまで仕事で行く可能性のなかった地域にキャンピングカーで訪れ、移動しながら働くことによる効果や関係人口の増加、地方移住の促進に繋がるかなど、東京在住者から見た地方の可能性もモニター検証する。

 

 

なお、詳細は以下の通りだ。

 

【実証実験の内容】

実証期間:2019年6月1日〜6月30日
車泊場所:福岡県三潴郡大木町「道の駅おおき」、熊本県玉名市「草枕温泉てんすい」、熊本県球磨郡錦町「道の駅錦」、長崎県島原市「島原城」
車泊スペース設備:Wi-Fi、100V電源(使用可能時間は地域で異なる)、防犯カメラ
車種:キャンピングカー(TR500 C-LH)

 

 

 

【 関連ページ 】
○九州周遊観光ポータルサイト
https://kurumahaku.jp/pages/rvparksmart/

 

○ANAホールディングス株式会社
【ANA×車泊】ANAが推進する新しい旅のスタイル「シェアエコツーリズム」と「九州周遊観光サービスモデル事業」でシェアリングエコノミーサービス連携協力
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000028008.html

 

○テルウェル東日本株式会社
全国初!福岡県三潴郡大木町「道の駅おおき」における車泊拠点およびWi-Fi自動販売機設置の整備に関して
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000028008.html

 

○株式会社RVトラスト
C-LH車両の詳細は以下を参照
https://rvtrust.com/
https://cantal.jp/

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。