NEXT MOBILITY

MENU

2018年11月7日【テクノロジー】

ヴァル研、「駅すぱあと」に敦賀市コミュニティバス情報追加

NEXT MOBILITY編集部

 

 

ヴァル研究所は、11月7日、同社が提供する経路検索サービス「駅すぱあと」の「バス運行状況機能」に、同日配信する「駅すぱあとfor Android」最新バージョンより、福井県敦賀市コミュニティバスの対応を開始すると発表。

 

先行して11月5日に配信した「駅すぱあとfor iPhone」に続くAndroid版の配信により、ほとんどのスマートフォンやタブレットに対応が可能となった。

 

 

Android・iPhone向けアプリ「駅すぱあと」は、鉄道・バス・飛行機・船などの公共交通機関の経路検索や時刻表などの機能を有し、2018年4月からは「バス運行状況機能」の提供を行っている。

 

「バス運行状況機能」とは、バスの現在地や到着予想時間、遅延分数などがリアルタイムに確認できるもの。

 

バスはその日の天候や交通渋滞などの影響が大きいため、バス利用者のさらなる利便性向上を目指し、バスロケーションシステム「BUS CATCH(バスキャッチ)」を提供するヴァル研究所グループのVISHとともに本機能を開発している。

 

 

この機能を搭載したアプリの初回リリースでは、もともと「BUS CATCH」を導入していた富山県射水市コミュニティバス「きときとバス」に対応していたが、今回の最新バージョン配信により、新たに福井県敦賀市コミュニティバスにも対応することになる。

 

 

ICTを活用した新たな交通サービスを提供するMaaS(Mobility as a Service モビリティ・アズ・ア・サービス)が国内外で注目されている中、こういった機能の充実は今後も期待されるところ。

特に地方においてバスは、重要な交通機関のひとつとなるだけに、今後の動向に注目したい。

 

 

■「バス運行状況機能」について

経路検索結果から、バスのリアルタイムな現在地情報がわかる、バス利用者向けの機能。

「駅すぱあと」アプリで経路を検索し、検索結果に対応事業者のバスが含まれる場合に、現在地や到着予想時間、遅延分数などが表示される。

 

 

 

<表示する情報例>

・到着予測時間(あと何分で到着するか)

・遅延分数

・バスの現在地

・バスの行き先

・時刻表における到着予定時刻

・直近で通過したバス停留所名

 

<対応事業者>

・富山県 射水市コミュニティバス「きときとバス」

 (http://www.city.imizu.toyama.jp/combus/

・福井県 敦賀市コミュニティバス

 (http://www.city.tsuruga.lg.jp/communitybus/

 

 

■「BUS CATCH(バスキャッチ)」について

 

 

「BUS CATCH」は、クラウド型バスロケーションシステム。位置情報を通してWebサイトやデジタルサイネージなどのさまざまな手段でバス利用者にバスロケ情報(位置情報、運行状況、遅延情報など)を提供している

 

「BUS CATCH(バスキャッチ)」紹介ページ:https://www.buscatch.com/

 

 

■乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」について

 

 

 

「駅すぱあとfor Android」「駅すぱあとfor iPhone」は、Android・iOS(watch OS含む)それぞれに提供している経路検索アプリ。2018年11月時点で、両OSあわせて累計880万ダウンロードを獲得。

 

全国300以上のバス・鉄道・新幹線・飛行機・船などの情報と、「経路検索」「運行情報」「時刻表(鉄道・バス・新幹線・飛行機)」「路線図(鉄道)」「始発・終電検索」といった機能を搭載しているのが特徴だ。

 

「駅すぱあとfor iPhone」ストアURL:https://app.adjust.com/ah055t

「駅すぱあとfor Android」ストアURL:https://app.adjust.com/ca9mtj

 

 

 

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。