NEXT MOBILITY

MENU

2021年10月20日【イベント】

ヤマハ発動機、計4点がグッドデザイン賞を受賞

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーターサイクル「YZF-R7」

 

 

ヤマハ発動機は10月20日、製品やサービス4点の「2021年度グッドデザイン賞」受賞を発表した。

 

本年度のグッドデザイン賞の受賞は、モーターサイクル「YZF-R7」(2021年冬以降日本発売予定)、スポーツ電動アシスト自転車「YPJ-MTPro」、産業用無人ヘリコプターによる「森林計測サービス」、ヤマハマリーナ浜名湖 「新クラブハウス」の計4点となった。

グッドデザイン賞を受賞した製品は10月20日から11月21日に東京ミッドタウン・デザインハブで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2021」 にて紹介される予定。

 

また、「YZF-R7」と「YPJ-MTPro」は、2021年度グッドデザイン賞審査委員が選ぶ、個人的なお気に入りや気になる受賞デザイン約70点を紹介する展示企画「私の選んだ一品」展(10月20日から11月24日まで、GOOD DESIGN Marunouchiにて開催)でも紹介される。

 

 

■モーターサイクル「YZF-R7」
– 製品概要
スーパースポーツ(以下SS)カテゴリーを牽引する「R」シリーズの最新モデル。より多くの、そして幅広い世界中のモーターサイクルファンに向けて、SSならではのエキサイトメントと憧れの「R」を所有する悦びを提供する。

 

– 審査員の評価
見た目はまぎれもないスーパースポーツのモーターサイクル。流麗なカウルの造形や多彩な情報を届けるデジタルメーターなど、細部にまで手抜きは一切ない。しかし内側は、同クラスのベーシックなモーターサイクルに使われるエンジンやフレームを流用し、コストダウンを実現している。多くの人にとって手が届く価格で、スーパースポーツの醍醐味を満喫できる。モーターサイクルの楽しさをより多くの人に伝えたいというメッセージに共感した。

 

 

 

■スポーツ電動アシスト自転車「YPJ-MTPro」
– 製品概要
フロード走行性能を追求した電動アシスト自転車(e-BIKE)。「楽しく刺激的な非日常体験」をコンセプトに、乗りこなす楽しみ、マウンテンバイクに最適化したアシスト性能、モーターサイクルメーカーであるヤマハらしいデザインを重点に開発された。スポーツレジャーの新提案として、カーボンオフセット時代に相応しいエキサイトメントを提供する。

 

– 審査員の評価
フレームを2本にしてバッテリーを挟むという手法は、モーターサイクル作りの経験豊富なメーカーならでは。しかもそのフレームは薄く、一体感を考えた造形であり、バッテリーの後付け感がない。走りにおいても、この一体感がプラスに働いていることが予感できる。ドライブユニットもコンパクトにまとめつつ、サスペンションともどもカバーで覆わずメカニズムをむき出しにしている。モーターサイクルに通じる機能美が見る者を魅了してくれる。

 

 

 

■産業用無人ヘリコプターによる「森林計測サービス」
– サービス概要
産業用無人ヘリコプターと高精度3次元形状計測器(LiDAR)を組み合わせた計測・解析手法を新開発し、これまで困難とされていた広域にわたる「森林の見える化」を実現した。確かなデータに基づく森林環境保全や防災、林業のスマート化等を促進し、カーボンニュートラルに向けた資源循環利用に貢献する。

 

– 審査員の評価
日本において森林環境の保全は気候変動や災害対策としても非常に重要な課題であり、こうしたテクノロジーはこれまでは難しかった自然環境のデジタルツイン化という点で今後ますます力を発揮すると思われる。人手に頼らず低コストで計測された高精細なデータが時系列で蓄積され、さらに様々な分野で共有されることで、森林の成長や循環という、人間の認知では捉えづらい時間スケールの変化をとられることも可能になるだろう。

 

 

 

■ヤマハマリーナ浜名湖「新クラブハウス」
– 建築物概要
1971年に開業したマリーナ施設の再編計画。浜名湖の新しいランドマークに相応しい存在感、風光明媚な自然環境との調和、クラブハウスのモダンな外観と機能美に溢れる内外装、人々の交流や周辺施設との連携を促す機能性、土木と建築をハイブリッドした防災対策などを盛り込んで、「とびきりのマリーナ」として半世紀ぶりにリニューアルした。

 

– 審査員の評価
崖に寄り添い、建築とランドスケープの中間のような謙虚な建築でありながら、浜名湖のランドマークとしての力強さもある建築だと思いました。これを実現するまでにどれだけの苦労があったかということを全く感じさせない上に、崖の崩落を防ぐという防災的な意味も持たせているところは高く評価されました。土木と建築をハイブリッドした工法を駆使したという点も、今後において建築業界、土木業界において参照されるべき仕事であると思います。

 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。