NEXT MOBILITY

MENU

2018年4月2日【テクノロジー】

楽天、シリコンバレーに技術研究所開設。新AI領域の研究を推進

NEXT MOBILITY編集部

 

楽天は、インターネットの未来を予測し、新たなテクノロジーを創出するための研究機関「楽天技術研究所」(2005年12月)の新規海外拠点として、4月1日付で、楽天グループのアメリカ本社所在地であるサンマテオに「楽天技術研究所 San Mateo」を開設した。

楽天・ロゴ

「楽天技術研究所」は、これまで、東京、パリ、ボストン、シンガポールに研究拠点を開設。今回新設する「楽天技術研究所 San Mateo」は、米国で2拠点目、世界では5拠点目となり、主にAI(人工知能)の新たな研究領域となる“Creative AI”(注1)の研究を進める。

 

「楽天技術研究所 San Mateo」では、主に次のような研究開発を通じて、先進技術を使った革新的なサービスにつながる新しい研究を推進していくとしている。

 

1) 米国の市場におけるマーケティング分析や消費者行動の理解に対し、深層学習(Deep Learning) の実践的な応用研究

 

2) 商品情報理解、顧客の商品評価の理解をより一層促進するNLP(自然言語処理)の研究

 

3) 1)、2)の研究を踏まえながら、AI(人工知能)技術の新しい活用として注目されるCreative AIの研究、特にEコマースにおける可能性に着目し、消費者一人ひとりの利便性を向上させる広告クリエイティブ(注2)、商品情報やマーケティングコンテンツの自動生成の研究

 

また、楽天技術研究所は、インターネット企業の技術研究機関として、産学連携にも積極的に取り組み、教育機関との人材交流や、学術的な最先端分野を取り入れた研究を進めていると云う。

 

今回新設した「楽天技術研究所 San Mateo」は、アメリカ西海岸の大学やインターネット関連技術の研究が盛んなシリコンバレーの各企業との連携の拠点となるとともに、AIを活用して一人ひとりのユーザーに合ったサービス提供を目指す研究拠点となるとのことだ。

 

(注1)Creative AIは、Creative Economy領域へのAI技術の活用を総称したもの。Creative Economyとは、「繰り返しではない専門的知識をもとにした経済的価値のあるコンテンツの作成を伴う経済領域」を指す。例えば、絵画や小説、音楽や映画の作成、また、ジャーナリズムにおける記事の作成などもその分野に含まれる。

(注2)従来のパーソナライズ広告は予め用意した広告から、ユーザーにマッチするものを表示するが、Creative AIによる広告配信ではユーザーにマッチするものを動的に生成する。

 

[楽天技術研究所 San Mateoの概要]

 

名称:「楽天技術研究所 San Mateo」
   (英表記: Rakuten Institute of Technology San Mateo)
設立日:2018年4月1日
研究リード:森 正弥(楽天技術研究所代表兼務)
研究領域:マーケティングなどの分野での深層学習(Deep Learning)応用 、NLP(自然言語処理)の研究分野、Creative AI分野など

CLOSE

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。