NEXT MOBILITY

MENU

2021年2月11日【MaaS】

VWグループ、MSとの提携を通じ自動運転の開発を加速

NEXT MOBILITY編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

フォルクスワーゲングループは2月11日、自動運転(AD)ソリューションの開発能力を一層強化していくことを発表した。

 

グループ会社のCar.Software Organisationはマイクロソフトとの協力により、Microsoft Azureの計算機能とデータ処理能力を活用し、自動運転体験を世界規模でさらに迅速に提供。ADPをAzureで稼動させることにより、フォルクスワーゲン グループ 内各ブランドの乗用車向けの先進運転支援システム(ADAS)および自動運転(AD)機能の開発効率を向上させる。

 

フォルクスワーゲンとマイクロソフトは、2018年よりVolkswagen Automotive Cloudを通じた戦略的パートナーであり、このクラウドで、将来的にフォルクスワーゲンの全デジタルサービスおよびモビリティ製品を統括する予定だという。

 

 

Car.Software Organisation 最高経営責任者(CEO)のディルク ヒルゲンベルクは次のように述べている。「私たちは、フォルクスワーゲン グループをデジタル モビリティ プロバイダーへと変革させるにあたり、ソフトウェア開発の効率をさらに向上させることが引き続き課題となっています。そのため、マイクロソフトとともにAutomated Driving Platform(ADP)を構築し、一つのスケーラブルなデータベースエンジニアリング環境を通じて開発作業の簡素化を図っています。コネクテッド ドライビングソリューション開発で培った弊社の専門知識とマイクロソフトのクラウドおよびソフトウェアエンジニアリングのノウハウを組み合わせることにより、安全かつ快適なモビリティサービスの提供を加速します」

 

 

マイクロソフト Cloud + AI エグゼクティブ バイス プレジデントのスコット ガスリーは、「今回の発表は、フォルクスワーゲン グループとの基本的な取り組みが次の段階に入ったことを意味しており、同グループが目指すソフトウェア主導型モビリティ プロバイダーへの変革を強化するものです」と、述べている。「Microsoft Azureのパワー、計算機能、データ処理能力、人工知能(AI)の能力により、フォルクスワーゲンは、安全で信頼性の高い自動運転ソリューションを、いち早くお客様に提供できるようになります。」

 

開発プラットフォームの統一により自動運転および

先進運転支援システムソリューションをより迅速に構築
先進運転支援システムおよび自動運転車両は、乗員の安全を向上させる助けとなるだけでなく、渋滞を緩和し、モビリティをさらに快適にすることにも貢献する。こうしたソリューションを構築するには、大規模なコンピューター処理能力が必要になる。

 

自動運転機能のトレーニング、シミュレーション、検証を行うためには、交通状況や天候に関する情報から障害物の検出やドライバーの行動まで、ペタバイト単位のデータを毎日管理する必要があり、数十億kmに及ぶ実走行およびシミュレーション走行データから学習する、機械学習アルゴリズムが、コネクテッドドライビング体験のカギとなる。

 

Car.Software Organizationは、開発者体験を簡素化し、グループの車両からの実際の交通データとシミュレーションデータを含む一つの中央データベースを通じて「走行距離からの学習」を活用することにより、マイクロソフトとともにこれらの課題に取り組んでいく。Microsoft Azureの計算機能、データ処理能力、機械学習サービス、アジャイルソフトウェア開発におけるマイクロソフトのノウハウとが相まって、Car.Software Organisationの開発者は世界中から一つの開発環境を利用できるようになる。

 

ADPは、開発サイクルを月単位から週単位まで短縮するとともに、膨大な量のデータを効率的に管理することができる。両社は、ADPに関する作業をただちに開始し、開発プラットフォームの機能範囲を継続的に拡大することを目指す。さらに両社は、自動運転および先進運転支援システム ソリューションの開発を強化するために、ADPを共有することにより、テクノロジーパートナーがツールやサービスを構築できるようにする予定だ。

 

 

フォルクスワーゲン グループは、車両搭載ソフトウェアの自社開発を強化
フォルクスワーゲン グループは、自動車のデジタル化を急速に推進している。2025年までに、グループはデジタル化に約270億ユーロを投資し、車に搭載されるソフトウェアの自社開発比率を
現在の10%から60%に引き上げる予定だ。

 

2020年に設立されたCar.Software Organisationは、ソフトウェア主導型モビリティ・プロバイダーへの変革を目指すフォルクスワーゲンにとって、重要な役割を果たす。同社は、フォルクスワーゲン グループ傘下ブランドの将来のモデルに採用される乗用車用高性能運転機能の開発などを含む、グループのソフトウェア能力を束ね、継続的に拡大していくという。

 

Volkswagen Automotive Cloudによる

先進運転支援システムおよび自動運転ソリューションの導入と運用
2018年以来、フォルクスワーゲンとマイクロソフトは、将来、グループ ブランドおよびそのモデルに提供する、すべてのデジタルサービスとモビリティ製品を統合するVolkswagenAutomotive Cloud(VW.AC)構築のために協力している。シアトルを拠点とするVW.ACエンジニアリングチームは、Azureエッジサービスを介して、車両とクラウド間のデータ交換を実現。クラウド接続により、フォルクスワーゲンは車両のハードウェアを触ることなく、車両のアップデートや新機能を提供し、ユーザーの体験を継続的に改善している。

 

このような接続機能を搭載した最初のVW.ACテスト車両は、2021年内に実走行を開始する予定。製品としての実用化は、2022年を予定しています。Car.Software Organisationは、ADPとVW.ACを統合し、ソフトウェア ソリューション、ツール、メソッドの一体化をさらに進めて、世界中のエンジニアリングチーム、ユーザーやパートナーの利便性を強化する。VW.ACにより、グループの車両フリート全体で、ADP上で開発された自動運転および先進運転支援システム機能のテスト、展開、運用が可能になる。

 

※ 英語版、関連の画像、そしてCar.Software OrganisationのCEOを務めているDirk Hilgenberg とのインタビュー(英語のみ”The Automated Driving Platform is a customized tool”)https://www.volkswagen-newsroom.com/en 

CLOSE

坂上 賢治

NEXT MOBILITY&MOTOR CARS編集長。日刊自動車新聞を振り出しに自動車産業全域の取材活動を経て同社出版局へ。コンシューマー向け媒体(発行45万部)を筆頭に環境&リサイクル紙、車両ケア&整備ビジネス専門誌等の創刊誌編集長を歴任。独立後は一般誌、Web媒体上でジャーナリスト活動を重ね30年半ば。2015年より自動車情報媒体のMOTOR CARS編集長、2017年より自動車ビジネス誌×WebメディアのNEXT MOBILITY 編集長。

松下次男

1975年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として国会担当を皮切りに自動車販売・部品産業など幅広く取材。その後、長野支局長、編集局総合デスク、自動車ビジネス誌MOBI21編集長、出版局長を経て2010年論説委員。2011年から特別編集委員。自動車産業を取り巻く経済展望、環境政策、自動運転等の次世代自動車技術を取材。2016年独立し自動車産業政策を中心に取材・執筆活動中。

間宮 潔

1975年日刊自動車新聞社入社。部品産業をはじめ、自動車販売など幅広く取材。また自動車リサイクル法成立時の電炉業界から解体現場までをルポ。その後、同社の広告営業、新聞販売、印刷部門を担当、2006年に中部支社長、2009年執行役員編集局長に就き、2013年から特別編集委員として輸送分野を担当。2018年春から独立、NEXT MOBILITY誌の編集顧問。

片山 雅美

日刊自動車新聞社で取材活動のスタートを切る。同紙記者を皮切りに社長室支社統括部長を経て、全石連発行の機関紙ぜんせきの取材記者としても活躍。自動車流通から交通インフラ、エネルギー分野に至る幅広い領域で実績を残す。2017年以降は、佃モビリティ総研を拠点に蓄積した取材人脈を糧に執筆活動を展開中。

中島みなみ

(中島南事務所/東京都文京区)1963年・愛知県生まれ。新聞、週刊誌、総合月刊誌記者(月刊文藝春秋)を経て独立。規制改革や行政システムを視点とした社会問題を取材テーマとするジャーナリスト。

山田清志

経済誌「財界」で自動車、エネルギー、化学、紙パルプ産業の専任記者を皮切りに報道分野に進出。2000年からは産業界・官界・財界での豊富な人脈を基に経済ジャーナリストとして国内外の経済誌で執筆。近年はビジネス誌、オピニオン誌、経済団体誌、Web媒体等、多様な産業を股に掛けて活動中。

佃 義夫

1970年日刊自動車新聞社入社。編集局記者として自動車全分野を網羅して担当。2000年出版局長として「Mobi21」誌を創刊。取締役、常務、専務主筆・編集局長、代表取締役社長を歴任。2014年に独立し、佃モビリティ総研を開設。自動車関連著書に「トヨタの野望、日産の決断」(ダイヤモンド社)など。執筆活動に加え講演活動も。

熊澤啓三

株式会社アーサメジャープロ エグゼクティブコンサルタント。PR/危機管理コミュニケーションコンサルタント、メディアトレーナー。自動車業界他の大手企業をクライアントに持つ。日産自動車、グローバルPR会社のフライシュマン・ヒラード・ジャパン、エデルマン・ジャパンを経て、2010年にアーサメジャープロを創業。東京大学理学部卒。

福田 俊之

1952年東京生まれ。産業専門紙記者、経済誌編集長を経て、99年に独立。自動車業界を中心に取材、執筆活動中。著書に「最強トヨタの自己改革」(角川書店)、共著に「トヨタ式仕事の教科書」(プレジデント社)、「スズキパワー現場のものづくり」(講談社ピーシー)など。